色で食欲コントロール!簡単なダイエット法を発見

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

あなたは食欲を自由にコントロールできますか?

食欲は本能に近い欲求で、なかなかコントロールできるものはありません。

しかし、ちょっとした簡単なことで食欲をコントロールできる方法があるとしたらどうでしょう

知りたいと思いませんか?

→『ダイエット』関連の記事一覧

 

 

食欲は色できまる

人間は視覚から情報のほとんどを手にしています。

アナタも今リアルタイムで視覚からの情報を手にしていますよ。

ご飯を食べるときも視覚から情報を手にして、どれを食べるか決めますよね。

おいしそうなご飯やおかずは、綺麗な彩で配色まで考慮されています。

たくさん食べたくなったり、まったく箸がつけれなかったりと、人間の食欲は色によって決まります。

 

色の効果

 

暖色の赤やオレンジは食欲を増進させ、寒色の青や紫には食欲を減退させることができます。

青色を使えば、食欲を減退させることができます。

つまり、食欲を減退することができるということはダイエット効果が期待できますよね。

青色のご飯を炊いてしまえばという問題ではありませんし、ご飯のおかずを青で着色するとなると体に悪そう。

どういうところで、青色を使えば効果的になるのか気になりますよね。

 

青いカレー

 

 

食事をするとき手を使う

話は少し変わりますが、食事をするときにどんなものを使っていますか?

お箸やフォーク、スプーン、国によっては道具を使わずに手を使ってたべますよね

食事は必ず手を使います。この使う手に、青色を使えば、自分だけがダイエット効果を得られますよね。
ナイフ、フォークそのものの色を変えてみるのがいいのでしょうか。

お箸を持っても、ナイフやフォークを使っても、必ず目に入るものって何でしょう。

ちょっと考えてみてください、お箸やスプーンを持ってみると親指が自分の目から確認できますよね。

 

 

親指の爪が効果的

そう、親指の爪ですね。

正しいおはしの持ち方をしていれば、利き手の親指は自分の目に入ります。

この親指の爪に、青のネイルを塗れば簡単に効果的なダイエットができます。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー