TPPとは何かをわかりやすく!農業や関税、医療や保険問題を解説

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

TPPとは何かをわかりやすく説明できますか?
貿易をやりやすくするための協定が、TPPです。
TPPを導入するに当たって、関税や農業、医療保険の問題がたくさんあります。
今回は、TPPとは何かをわかりやすく解説していきます。
そして、わかりやすく農業や関税、医療や保険問題も解説します

→「TPPのまとめ」はこちら

→『経済』関連の記事一覧

 

 

TPPとは何かをわかりやすく解説

まず「TPP」とは「Trans Pacific Partnership」
(トランス・パシフィックパートナーシップ)の頭文字をとった略語です。
日本語に訳すと【環太平洋戦略的経済連携協定】という訳になります。
太平洋に面する国が経済を良くするために

連携をとっていきましょうというのが本質ですね。
貿易をやりやすくし経済をよくしてい行くための協定です。
国と国で貿易をすると、関税というものがかかり

輸入製品が高い価格で販売されます。

この関税をなくすことで、

お互いの経済が良くなることを見込まれています。

関税をなくすと物が動きます、たくさんのものが動くことが

経済の発展につながります。

 

成功

 

 

農業と関税の問題

さて、貿易をするときになぜ関税があるのでしょう。
答えは簡単です、海外の製品の方が安いから関税をかけなくてはいけないのです。
海外の製品が国内産の製品より安いと、輸入製品が売れていきますよね。
そうなると、国内製品を作っている人たちはどうなるでしょう
生活ができなくなってしまうでしょう。
関税をかけることで、日本の農業や産業を守っているのです。
日本の農業を担う農家は、生活のほとんどを補助金で担っています。
農業を守るための補助金に当てる、お金を関税から調達しています。
のため、関税がなくなってしまうと
農業が成り立たなくなるという問題があります。

 

 

日本の医療保険問題は大丈夫か

その次に問題になるのが、医療保険です。
現在の日本の医療制度は、国民健康保険です。
給料から保険料を自動的に引かれると、病院で医療を受けたときに
3割負担でよくなるというのが日本の医療制度です。
この制度がTPPにによってなくなってしまうのではという問題がありました。
しかし、TPPのことについての会議で日本の医療制度は
変えなくてもいいと方針に決まっています。
もし医療保険制度を変えてしまうと、高額な医療ばかりになり
医療が受けられない、地方の病院がなくなってしまうという問題になっていました。

『TPPのまとめ ~どうしてはじめた、何をするのか~』

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月15日
    トラックバック:TPPまとめ | マイケル起業談

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー