TPPとは簡単に言うと?参加国はどこ?韓国・中国は参加・不参加?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

TPPを簡単に言うとどう説明しますか?。

参加国は12カ国で中国と韓国は参加なのでしょうか、不参加なのでしょうか

TPPというのは、経済協定の一つで太平洋に面した国が加盟します。

日本のほかにも12の国が参加国として名前を上げています。

TPPに参加している参加国と、中国韓国が参加するのかについて取り上げていきます。

→「TPPのまとめ」はこちら 

→『経済』関連の記事一覧

 

 

TPPとは簡単に言うとこう!

【環太平洋戦略的経済連携協定】がTPPの正式名称です。
このTPPに加盟している国同士での貿易には、関税をなくして
自由にしましょう、そして経済を互いに良くするのが目的です。
貿易をやりやすくし経済をよくしてい行くための協定ですね。
国と国とのもののやり取りが貿易です。
貿易大国の日本は、かなりの製品を外国から頼ってる状況なので
関税がなくなるのは、うれしいことなのではないでしょうか

 

ガラス4

 

 

TPP参加国は?

現在TPP に参加を表明してる参加国は日本を含めて、12の国です。
どの国も、太平洋に面しています。
太平洋に面している国で、関税をなくした自由な貿易をしていきます。
2015年の大筋合意した時点で、の参加国は
シンガポール,NZ,チリ,ブルネイ、米,豪,ペルー
マレーシア、日本,カナダ,メキシコ、カナダ、日本です。

韓国,タイ,フィリピン,台湾中国もTPPについて「開放的な態度」で
将来的に参加するかもしれません。

 

 

韓国・中国はTPPに参加・不参加?

2015年12月時点で、中国も韓国もTPPには参加国に加盟していません。
特に中国は、TPPに「開放的な態度」をしめしているので、
将来的には加盟するかもしれないです。
一方韓国も現時点で加盟国として名前を挙げていませんが
将来的に加盟する可能性もあるでしょう。
韓国の場合は中国とFTPを結んでいるので、TPPに加盟するのは
まだまだ先かもしれません。

『TPPのまとめ ~どうしてはじめた、何をするのか~』

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月15日
    トラックバック:TPPまとめ | マイケル起業談

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー