きゅうりの栄養効果は意外とあるのかもしれない

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

夏が近づいています。
夏を旬としている野菜をあなたはあげれるでしょうか?
ゴーヤ、トマト、きゅうり、ナス、ピーマンと太陽の光を満々と浴びて大きくなります。
夏野菜のなかには、栄養が少ないといわれいるとある野菜があります。
その野菜は世界一栄養がないとも言われています。
栄養が少ないと名高い野菜はなんと「きゅうり」です。
きゅうりに果たしてどんな栄養があるのか?あなたは知りたくありませんか?

→『料理』関連の記事一覧

 

 

うそ!!養分ないの?

きゅうりは夏の味覚といわれていました。
しかし、ハウス栽培が発達するともに年中スーパーに出回っています。
年中出回っているのですが、やはり旬の夏に食べるきゅうりはおいしいです。
サラダから漬物酢の物、副菜のアレンジ方法はたくさんあります。
どんなものでも相性がいいのがうれしいとこです。
相性がいいのはやはり、味が薄いところでしょうか。
濃い味の野菜は、苦手としている人が多いです。きゅうりが苦手な人は少ないですね。
きゅうりは、ほとんどが水分で栄養価は低いです。
でも低いなりに、きゅうりはがんばっているのです!

 

 

きゅうりなりのがんばり

きゅうりは、ウリ科の植物で一年草です。
私たちが普段きゅうりとしててべている部分は、未熟な部分を食べています。
ウリの仲間なので、完熟させても食べることはできますがあまりおいしくないので、未熟な内から食べています。

あまり熟していないからこそ、ほとんどが水分で栄養価が無いのです。

栄養というのはタネを残すためのエネルギーとなるものですから、エネルギー満タン出ない実を食べても栄養はほとんどないのです。
日本には、平安時代から栽培されていてとてもなじみの深い食べ物ですね。
歯ごたえのある食感とすっきりとした味わいがあり、

そして水分を多く含むことから暑い地方では水分補給用として珍重された歴史ある食べ物です。

 

 

無いといいつつこんな効果を付属してた

栄養価がないなりに、きゅうりはがんばっています。
少ない栄養分でも、あなたのために一生懸命働いてくれるでしょう。
きゅうりは90%以上が水分で、あまりにも栄養栄養が野菜として、

1987年のギネスブックに掲載されたそうです。現在のギネスブックには乗っていません。
含有量は非常に少ないですが、ビタミンcとカロチンカリウムなどが含まれて射ます。
そのほかの栄養分として必須アミノ酸などがごく微量含まれています。
ほんとうに極微量しか含まれていません。

 

 

微量な働きが期待される!

微量ですが、意外な効果を持っている成分も持っているそうです。
漢方の世界では、きゅうりには体を冷やす食べ物として活用されていました。
なので余分な熱を発散させることができる、解熱剤として利用していたそうです。
微量に含まれている、カリウムには利尿作用がありむくみ改善が期待できます。
食欲がないときに、きゅうりを食べるのもいいそです。
きゅうりに含まれている、「ククルビタシン」という成分に食欲を増幅させ、

胃液や唾液の分泌を促す効果があると研究されています。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー