くわいの味や産地はどこ?アレルギーの心配やアク抜きの仕方

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

くわいといえば、おせち料理として食べられる縁起のいいい食材です。

お節料理にでてくるくわい料理のあじや、くわいの産地はどこだか気になりますよね。

アレルギーの心配やくわいのアク抜きの仕方を解説します。

 

くわいの味はどんな味?

くわいといえば、芋から芽がでている状態でおせち料理のメニューとして知られています。

ほろ苦い味でほくほくになったさといもに近いです。芽が出かかっているので成長途中なので、少し灰汁があります。

灰汁をまく抜かないと苦みが強いので、アク抜きがとっても難しいのです。

 

 

くわいの一大産地はここだ!

お正月のお節料理として知られているくわいの一大産地は、広島県です。

湿地やため池で自生している植物ですが、栽培されるときは水田で栽培します。

鍬のような葉っぱをしているのくわいと呼ばれているようです。

お節料理にはそれぞれ縁起を担いだ、いわれがあります。くわいには、「芽がでる」とかけられています。

くわいは芋から新芽がでているので、芽がでるので縁起がいいのです。

 

 

くわいにアレルギーの心配は?

さて、とても縁起のいいおせち料理のくわいですが、アレルギーがでたりしないのでしょうか?

くわいはオモダカ科という湿地で生きている植物が属する科にいます。

このオモダカ科の植物にアレルギー反応を示す物質は確認されていないので、くわいではアレルギーに心配することはないと思います。

ただし、食べれないや、たべたら気分が悪くなることもあるかもしれませんその時は避けてください。

 

 

くわいのアク抜きの仕方は?

くわいを調理するときは、アク抜きをしましょう。くわいには灰汁があるので、アク抜きがひつようになります。

まず、くわいの芽を残しながら重箱に入るサイズの大きさに皮を剥きながら調整します。

皮をむいたくわいから順に水につけて、変色を防ぎます。米のとぎ汁と一緒に鍋に入れてアク抜きをします。

綺麗な白い色にしたい場合は、くちなしの実を一緒に入れるときれいな色を出すことができます。

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー