ヨーグルトの効果的な食べ方は?教えたくない食べ方の秘密

美容
スポンサーリンク

 

 

美容にも健康にもいい食べものとして、ヨーグルトは知られていますね。
普段あなたはどんな食べ方でヨーグルトを食べていますか?
ヨーグルトをたべて綺麗になるにはちょっとした秘訣があります
綺麗な子は教えたくない、

ヨーグルトの食べ方の秘密を知りたいと思いませんか?
その秘密はいったいどんなことなのでしょうか?

→『美容』関連の記事一覧

 

 

健康的なヨーグルト

ヨーグルトといえば、美容にも健康にもいい食品ですね。
牛乳に乳酸菌を加えた発酵食品だということが、一番の特徴です。

人間の腸内にはたくさんの細菌が住み着いていて、

細菌のおかげで食物を消化しています。

 

ヨーグルトを食べることで、細菌の数を増やすことができます。

腸内に住んでいる細菌は、重さにすると1キロはあるといわれています。

 

なかでもヨーグルトの中にある「乳酸菌」は「善玉菌」と

よばれ便秘予防効果があります。

 

便秘は美容の大敵なので、ヨーグルトを食べて

便秘が解消されたという人もかなり存在します。

 

うし

 

 

食べ方の秘訣は・・・

毎日摂取

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は生き物です。

なので食べたからずっと腸内に居座り続けるなんて事はありません

3日後には、便と一緒に排泄される運命にあります。

 

一度食べただけで得られるのならば、

とっくの昔に便秘は改善されていたことでしょう。

 

菌を大腸で増殖させるには、継続的に食べることが大切です。
ケチったら効果も何も得られませんので、気長に根気よく続けましょう。

 

yo-guruto

 

 

 

タイミングは、食後

ヨーグルトの効果を最大限に得るためには、摂取するタイミングも大切です。
なぜならば、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は生き物だからです。
食物を消化するために、いちど胃に入り胃酸でたべものを溶かします。

 

乳酸菌はこの胃酸に弱く、お腹の空いているときに

ヨーグルトを食べても胃酸にやられて
せっかく取った乳酸菌がお亡くなりになってしまいます。

 

なので、ヨーグルトは食後の胃酸が薄まっているときに食べましょう。

 

ヨーグルト

 

 

ヨーグルト暖めますか?

ヨーグルトはそのまま食べても美味しいですしかし、

とあることをするとヨーグルトの効果をさらに受けれます。

パワーアップさせるためには温めるのが効果的です。

温めることで、乳酸菌が活発的に活動する用になります。

しかし暖めすぎは注意が必要です。

細菌なので、たため過ぎると菌が死んでしまうので

人肌程度の40度がちょうどいい温度です。
乳酸菌が活発的に活動するだけでなく、腸を温めることもできます
ヨーグルトは冷たい冷蔵庫に眠らせていますよね。

 

暖めることで吸収率がアップします。

 

 

 

コメント