唐辛子にカビ発生!カプサイシンには防カビ効果はない

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

唐辛子にカビが発生しました。

ぺペロンチーノを作るために、輪切り唐辛子をかったのですが

つくることなく輪切り唐辛子を引き出しの奥に入れてしまい

そのまま時間がたってしまいました。

するとどうでしょう、賞味期限は切れていないのに

切り口から白いものがもっさりしてるではありませんか!

唐辛子でもカビが生えてしまうのだなと思った瞬間でした。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

唐辛子のカプサイシン

唐辛子の辛味はカプサイシンですが、このカプサイシンに

防カビ機能はついていないようですね。

やはり有機物なので、唐辛子の細胞を利用していカビが繁殖しています。

カプサイシンは絡みの成分で、この成分が舌を刺激して

辛味を体につたえています。

辛いというのは味覚細胞が関係しているのではなく

舌を攻撃しているので辛味を感じます。

 

 

カビの原因は環境のせい?

購入してから未開封でおいておいたのですが、

カビが生えて色がめちゃくちゃわるくなっていました。

開封していたら雑菌が入るのでかびのはわかりますが、

未開封でも切り口からかびるということは、

切り口は雑菌に弱いもしくは、切る段階で雑菌がついているということですね。

もしくは、保存の環境が悪かったのかもしれません

どちらかというと日差しのあたる窓際で管理していたので

その影響でカビになってしまったのかもしれまん。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

いざぺペロンチーノを作ろうとした矢先にこれです。

しっかりと素材は管理しましょう。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー