牛乳石鹸赤箱でシャンプーがとってもいい!リンスはクエン酸で

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

牛乳石鹸赤箱でするシャンプーがとっても調子がいいです。

ちなみに、リンスの代わりにクエン酸を使っています。

牛乳石鹸の赤箱を使い出したのは、2年ほど前で、最初は体を洗うぐらいでした

それから、洗顔の代わりにしたり、2度洗いでクレンジングの変わりにしたりと

牛乳石鹸をずぼらに活用していました。

それから半年ぐらいたって、牛乳石鹸でシャンプーするのがイイと聞き

半信半疑でためにしにシャンプーに使い出したのが始まりです。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

石鹸でシャンプーって、ギッシギッシになるやん

牛乳石鹸の赤箱を使い出すまえから、石鹸でシャンプーがいいと

噂では耳にしていたのですが、いかんせん石鹸でシャンプーすると

キシキシになるのが嫌でした。

当時のわたしはキシキシになるイコール髪の毛のダメージだとかってに思い込んでいました。

しかしよくよく調べてみると、キシキシになる原因がありました。

それを解決してからは、さらさらの髪の毛を手にしています。

牛乳石鹸の赤箱のローズのにおいが大好きで、超ロングヘアなうえに

洗顔も体洗いもシャンプーも全部牛乳石鹸で済ましているので

3週間に一個消費しています。

といってもコスパ最強なので安上がりです。

 

髪の毛2

 

 

キシキシの原因はアルカリ性だから

牛乳石鹸でシャンプーをすると、ものすごいキシキシになって

不安になるかもしれませんがそれには理由ががあります。

石鹸は本来アルカリ性をしめします、そして人間の肌や髪の毛は弱酸性です。

肌の環境が間逆になってしまうので、キシキシしてしまうのです。

そこで、キシキシを可決するためにはシャンプーをし終えた髪の毛を

弱酸性にする必要があります。

弱酸性にするために、お酢を当初はつかっていました。

 

クエン酸

 

それもミツカンの調理用のお酢。

杯一杯分を洗面器に入れて、頭を洗面器に突っ込んで

髪の毛になじませるとあら不思議、

さっきまでのキシキシがうそのようにトゥルントルンの髪の毛がそこにありあます!

 

 

牛乳石鹸シャンプーを終えたあと

牛乳石鹸でシャンプーを終えたあとは、洗い流さないトリートメントをしっかりぬりこみます。

さすがに牛乳石鹸では、ダメージを補修する効果はないので、洗い流さないトリートメントが必須です。

普通のシャンプーとリンスから卒業して長いことたちますが

枝毛も切れ毛もない綺麗な髪の毛になっていますし、

天使の輪があるのが自慢です。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー