難しいお菓子といえば!マカロンとシュークリームと・・?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

難しいお菓子といえば、どんなものが思い浮かびますか?

マカロンやシュークリームが難しいお菓子といわれています。

そのほかにも、シフォンケーキやミルフィーユ、ムースが

難しいお菓子といわれています。

それぞれが作るのが難しいお菓子といわれている理由

見てみましょう。

→『料理』関連の記事一覧

 

 

難しいお菓子

難しいお菓子としては、マカロンやシュークリーム

ミルフィーユ、ムース、スフェリフィケーションなどがあります。

それぞれ難しいといわれる理由を見てみましょう。

 

 

マカロン

マカロンが難しいといわれているのは、

マカナージュという生地を練り合わせる手さばきです。

それ以上にマカロンは生地の調整が大変です。

メレンゲを入れすぎると膨らまないし、

入れなさ過ぎるとどろどろになります。

さっくりとしたメレンゲ菓子に仕上げるまでは

時間のかかものです。

 

マカロン2makaronn3

 

 

シュークリーム

シュークリームはなんといっても、

クリームを入れるシューが膨らまないことが

難しいといわれているお菓子であります。

なんといっても生地の管理が難しい。

そして、膨らむ生地にするのには職人の感が必要になります。

ふくらまなかったら、ぼそぼそするクッキーになってしまうのです。

 

シュークリームシュークリーム2

 

 

ミルフィーユ

ミルフィーユが難しいといわれているのは、

パイ生地をイチから作ることがむずかしいといわれています。

何層にもなったパイ生地を重ねて、

カスタードクリームをはさんで食べるお菓子です。

作るのも難しいといわれていますが、食べるのも難しいです。

パイ生地がぼろぼろ崩れていくので

お皿の上が、パイのカスだらけになってしまいます。

 

ミルフィーユミルフィーユ2

 

 

ムース

ムースは分量を間違えてしまうと大変なことになり

難しいお菓子の一つです。

分量をしっかりと計ることが命であるお菓子作りの中でも

間違えると、硬くなったり風味がなくなったりとします。

 

ムースムース2

 

 

スフェリフィケーション

これはゼラチンの袋の中に、ジャムやソースが入ったものです。

膜状のゼリーの中に液体を閉じ込めた新感覚のスイーツです。

袋をつぶすと、なかからソースが出てくるものです。

キャンディの中にぐみが入っているのがぷっちょですが、

グミの中にキャンディが入っているのが

スフェリフィケーションです。

難易度はかなりたかいです。

 

ぐみ

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー