危険な糖化を予防してくれる食品はいったいどこ

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

糖化についてあなたはしっていますか?
肌が黄色くくすみ、弾力がなくなると糖化と呼ばれます。
あなたの肌は最近、くすみや弾力がなくなってきていたりしませんか?
もしも、当てはまるならば、対策と予防をしなくてはいけません
では、糖化を改善するためにどんな食品が力を貸してくれるのでしょうか
糖化を予防してくれる食品について、糖化という現象から解説していきます。

→『美容』関連の記事一覧

 

 

糖化予防は何ができる?

糖化というのは、たんぱく質という体を構成している成分が糖分と結合すると
性質が変わることです。透明でふわふわな物質が糖化すると、

硬く黄色くなるとすればどうでしょう。

もしその現象が肌で起こっていたら、どうなるでしょう。
人間の肌は、三層構造になっています。上から順に表皮層、真皮層、皮下細胞となっています。

2層目の真皮層では、コラーゲンやケラチンといった

水分を含みやすい細胞が折り重なり水分をキープしています。

ケラチンやコラーゲンが水分を保っていることで、弾力がでてハリのあるお肌になります。

水を保っているので透明感も生み出しています。
透明で柔らかなコラーゲンやケラチンが、糖分と結合して硬く黄色くなってしまいます。

 

 

糖化を突き詰めろ!

糖分とたんぱく質が結合する、といわれてもはっきりしませんよね。
糖化と似たような現象として、酸化があります。
酸化は「体がサビる」現象ですが、糖化は「体がコゲる」イメージですね。
こげるといえば、砂糖をたくさん入れたお菓子を強い火で焼くとこげができますよね。
この焦げができることをメイラード反応といいます。

たんぱく質や脂肪などが糖と反応して変性してしまうということがおこっています。

人間の肌の下でもこのような現象が起こっているといわれています。

強い炎であぶって焦がすのに、36度前後の体温ではこげることなんてないように思います。

本来ならば、100度でこげるようになっている物質を酵素という力で、

40度でも焦げるようになっているのです。

どんな酵素が働いているか詳しすぎて調べられませんでした。
糖分はエネルギーとして血液の中に一定量存在しています。

体を動かすためのエネルギーなので、必要分はつかわれますが、

余った糖分がたんぱく質と結合して糖化してしまうのです。
なので、対策は必要以上に糖分をとらないか、糖分の使用量を上げることがあげれます。

 

 

予防してくれる食品はこれだ!!!

糖化という現象について理解できましたか?
こわい糖化を予防してくれる食品について知りたくなったと思います。
血液中の糖分濃度が、糖化に関係しているので血糖値を下げてくれる食品がいいですね。
そのほかにも糖分の取り方、摂取する糖分を変える方法があります。
糖分は体で分解されるとオリゴ糖となって血液中をめぐります。

厳密にいうと血液中をめぐる糖分の種類は数種類あります。

オリゴ糖を進める理由は細胞のエネルギーとして利用しやすいからです。

細胞にはオリゴ糖を取り入れる専用の機関をもっています。

細胞のエネルギーだけに利用されるようにしむけることで糖化しにくくします。
血糖値を下げる食品として、野菜を多く取るとよいです。

血糖値を上げるのは、炭水化物が関係しています。

なので、炭水化物の摂取量を増やさないために、食事をするときは野菜から良く噛んで

食べるようにすればそれだけで対策ができます。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー