えっうそこんなにも?糖化の危険性がおそろしい

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

糖化現象についてあなたはしていますか?
ハリツヤ弾力があって白い肌が、硬く黄色くにごっていく現象が糖化といいます。
考えると恐ろしいことですね
糖化の危険性と、人間の体の中でどんなことが起こっているのかを詳しくまとめます。
あなたが本当に知りたい糖化の危険性についてが書かれています。

→『美容』関連の記事一覧

 

 

糖化の危険性

なぜ、糖化現象は危険だといわれているのでしょうか?
糖化が進んでいるイコール糖尿病の疑いがあるので、危険だといわれています。
糖尿病といわれると、脳卒中高血圧とならんで日本の三大疾患といわれている病気です。
糖化というのは、呼んで字のごとく砂糖が関係しているかなとおもえますがいったいどういうことなのでしょう。

なぜ、糖化と糖尿病が関係しているのかあなたはわかりますか?
肌に現れる糖化について重きを置いていきたいと思います。
肌というのは、見える部分です。見える部分で糖化現象が起こったらどうなるでしょうか。
目に見えるにまで、影響が出ていると考えると危険性について少し理解できるでしょうか。
とわいったものの、糖化という現象が何かわからないですよね。
あなたのために、体の仕組みからわかりやすく糖化の危険性を解説しますね。

 

 

糖化が起こるわけ

あなたは糖化について知っていますか?
糖化についてまったく知識がなければ危険性があるといわれてもわかりませんよね。
糖化というように、糖分がなんか関係している程度はわかりますよね。
では、糖化の危険性の入り口にご案内します。
糖分は人間のエネルギーとして血液の中に一定量存在しています。

糖分が無いと心臓もとまって、脳の機能もシャットダウンしてしまいます。

かといって必要以上の糖分があると問題がおこります

。糖化はあまってしまった糖分と体の中のたんぱく質と結合して、

必要のない物質になることが糖化と呼ばれています。
この糖化という現象は,あなたの身近なところでも起きています。

たとえばカラメルソースです。

プリンを作るときにカラメルソースをつくりますよね。

砂糖を加熱して煮詰めていくと透明だったものが黄色になり、あめ色になっていきますよね。

それを糖化といいます。焦げ付くのも糖化しているからなので、

人間の体の中がどんどん焦げていくというとわかると思います。

糖化という現象は体のどこでも起こります。

 

 

糖化させないためにできること

詰まっているものをどうにかはできなけど、血液の流れを活発にして

たまっているものを押し流すことができることです。

不必要な物質を体内から追い出すってことですね。

肌の場合はターンオーバーを促進させて糖化した細胞を押し出す必要があります。

コラーゲンやケラチンを作り出すのを助ける食品をとり、

養分を血液をしっかり細胞に流すことが必要です。

そのために食事と運動習慣を改善すればいいのです。

食事では栄養分を補給し運動習慣は、血液の流れを良くできます。

ここで、糖分が原因なら糖分を取らないようにするというのは、現実的でないのでオススメしません。

人間にはある程度糖分は必要になるので必要以上の糖分を取らないようにすれば大丈夫です。

取りすぎたとしても運動して燃焼すれば問題ないです。

冒頭でも言いましたが、糖分は人間のエネルギーなのでなくてはならないので使えば問題ないです。

人間に糖分はなくてはならない物質ですが、とりすぎてもだめなのです。
適量を取らないと、良いものでも毒になってしまいます。
糖分の必要性と、取りすぎの危険性について理解できましたか?
しっかりとした運動と食事を取って、糖化に負けない体を作りましょう。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー