ターンオーバーについて説明できますか?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

肌の美しさを磨くために、よくターンオーバーです。
このページでは、肌のターンオーバーについて解説しています。
ターンオーバーが起こる理由とターンオーバーの原理について解説していきます。
ターンオーバーがあるから、日焼けをしたあとにかわがむけて綺麗な肌になるんです。

 

 

このページは「肌」について理解を深めていただくページ集のサイドページです。

はじめのページ「肌の役割」(肌は守り盾なのだ。肌の役割は、盾とクッション。)と

「表皮」(肌の第一層目表皮、うるおいを守る盾部隊)をあなたがまだ読んでいなければ、

こちらも読むことを強くおススメします。

→「肌の役割」はこちら

→「表皮」はこちら

 

言葉は知っているターンオーバー、どんな原理?

ターンオーバーは、角質層が生まれ変わることを指します。
表皮の一番上はあなたもよくご存知の角質層と呼ばれています。

この角質層はとある一定の周期で入れ替わっています。

表皮の基底細胞から新細胞がうまれて、28日かけてて肌の表面に上がって

垢になって剥がれ落ちるまでのサイクルがターンオーバーと呼ばれてます。
古い細胞を後ろから新しい細胞で押し出しているというのが、想像しやすいのではないでしょうか。
このターンオーバーがあるから、綺麗な肌でいられます。

日焼けをしたあと、皮がペロッとむけて綺麗な肌になりますよね。

ターンオーバーがなければ、日焼けしたら最後、白い肌に戻ることはできません。

 

 

ターンオーバーはなぜする?

ターンオーバーをしなくてはなぜならないのでしょうか。

人間は進化の過程で肌というものを選び生き残ってきたからでしょう。

肌は外部からの刺激を守る盾です。同じ盾を使い続けることはできません。

ぼろぼろの盾で果たして守れるでしょうか、守れないですよね。


● 肌の役割

● 肌は三層構造

  ● 表皮

    ● 皮脂層

    ● 角層

    ● 顆粒層

    ● 有棘層

    ● 基底層

  ● 真皮

  ● 皮下組織

 

 

用語集

● ターンオーバー

● セラミド

● 角化

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー