文旦の皮を風呂に入れるとぴりぴりする!大丈夫?

美容
スポンサーリンク

 

文旦の皮を乾燥させて入浴剤として、お風呂に入れると

ぴりぴりとした刺激があることがあります。

このぴりぴりとする刺激はほうっておいても大丈夫なのでしょうか?

文旦の皮を入浴剤として、お風呂に入れる時に

気をつけることをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

文旦の皮を乾燥させて入浴剤に

文旦は皮が分厚くて、甘酸っぱいジューシーな果肉を楽しめます。

果肉もたのしめますが、皮を乾燥させて風呂に浮かべることで

入浴剤としても楽しめます。

 

 

 

文旦のさわやかな香りが、リラックス効果をうみ

皮から分泌されるリモネンという天然オイルが、血行を良くします。

 

文旦の皮を乾燥させて入浴剤にすることで、

皮を再利用することと、健康増進の役割もあります。

 

 

 

文旦の皮を乾燥させて入浴剤にすると、

皮膚がピリピリすることがあります。

 

体に悪いのではと思うでしょうが、そのピリピリは

文旦のリモネンが引き起こしているいい効果の表れです。

文旦に含まれるリモネンの効果や、ピリピリが起こる理由について知っていきましょう!

 

 

 

 

ぴりぴりはリモネンの効果

文旦の皮には、リモネンという物質が含まれています。

このリモネンというのは、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

かんきつ系のにおいはすべてリモネン、柑橘類のにおいの大本です。

リモネンがもっている効果をまとめてみました。

 

●リラックス効果
●覚醒効果
●免疫力を高める効果
●血行を促進する効果
●育毛を促進する効果・抜け毛を予防する効果
●食欲増進効果

 

このほかにも、界面活性剤としての効果もあります。

界面活性剤は脂と水を溶かす効果です。

界面活性剤の効果があるので、人間の肌から吸収されやすです。

 

 

 

 

 

まとめ!ぴりぴりは体にいい効果!

リモネンは界面活性剤の効果をもっており、

非常に肌から吸収されやすい。

入浴中は、体温も上がり吸収が促進され

吸収されたリモネンに反応してしまう

リモネンに反応すると、ピリピリとした刺激になり

痛みを感じてしまうのです。

文旦の皮に含まれているリモネンでピリピリするのは、

リラックス効果やダイエット効果につながるので害はないです!

あまりにも痛みが強すぎる場合は、すぐに風呂から出ましょう。

 

 

 

ピリピリさせないためには?

文旦の皮を入浴剤にするときに、ピリピリさせないためにはどうすればいいのでしょうか?

簡単な方法で解決できますよ。

リモネンが含まれているのは、皮の部分です。

 

文旦の皮をよく見ると、小さなぶつぶつがありますよね。

その小さなカップセルのような粒の中に、リモネンが含まれています。

このカプセルを傷つけすぎないように、入浴剤として楽しめばよいのです。

 

入浴剤にするとき、文旦の皮を小さくしすぎないのがピリピリしないためのコツです。

なるべく大きな状態で皮を乾燥させればピリピリすることはありません。

 

 

 

コメント