クロマキー合成でガチャピン消える!背景と同化

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

  ガチャピン2  

クロマキー合成でガチャピンが消える事件が発生しました。

消えるというわけではなく、背景と同化してしまったのです。

クロマキー合成というのは、特定の色を透明にし、

透明部分に別の画像をはめ込むというものです。

今回クロマキー合成でガチャピンが背景と同化してしまう事件がおこりました。

透明に指定される色がたまたま、ガチャピンと同じ色だったからです。

→『IT』関連の記事一覧

   

クロマキー合成で背景同化

クロマキー合成というのは、指定した色を透明にして

別の画像を重ねる技術のことです。

映画やドラマ、バラエティ番組でもかかせない技術として浸透しています。

すべてのシーンが本当に撮られた映像ではないこともあります。

違和感もなく仕上げてしまうので、

現実でないでできごとを映像としてみることができます。

 

クロマキー合成

 

この技術には大いに助かっていることでしょう。

このクロマキー合成では、指定していした色を透明にする技術です。

なので、クロマキー合成と同じ色を使わないようにするのがミソです。

 

しかし、事故はあるものです。

 

背景と同化して消えてしまうこともあります。 人間なんだもの・・  

 

 

その事件が起こった動画

クロマキー合成の餌食になり、背景と同化してしまうという事件は

2月5日にウェザーニュースで巻き起こった。

背景同化の餌食になってしっまったのは、緑のお化けガチャピン。

このウェザーニュースで、ガチャピンとコラボしていたので

特別ゲストとして登場していた模様である。

イベントの告知をガチャピンがしたあと、天気予報を流すという流れで

背景同化事件が起こった。

 

ガチャピンが消えた。

 

ガチャピン

 

そのとき、会場から笑いが飛び出た。

 

目とお腹の模様だけが浮かび上がる、

透明ガチャピンが誕生した瞬間であった

 

 

     

ガチャピン(透明)といえば

フジテレビ系で放映されてた、子供番組に登場していたキャラクターである。

緑色の体に、眠そうな目をもっている怪獣が、ガチャピンである。

ガチャピンのほかに、赤いムックというキャラクターも存在しています。

ガチャピンは南国生まれの恐竜という設定で、長い間愛されていて

ブログでもツイッターもいち早く乗りこんでいる

ITメディアお化けになっています。

 

 

そしてガチャッポイドとしてボーカロイドデビューもはたしています。  

 

     

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

ガチャピンがクロマキー合成で消えた事件がありました。

クロマキー合成と同じ色で消えてしまったということは、

ここれを逆手にとって、新しいビジネスができそうです。

 

ガチャピンの体にクロマキー合成で

宣伝広告を入れてはいかがでしょう。

 

ガチャピンの皮膚を特注することもなく、手っ取り早く

大きな反響が得られるでしょう。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー