肌が酸化する!酸化の原因と予防は今からでも間に合う?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

肌の美しさで、見た目の年齢が変わるのはあなたもご存知ですよね。
美しさを保つために、予防はたくさんしていると思います。
酸化というのは、錆びることにです。
肌で酸化がおこるというのは、肌が錆びることですがどんな原因があるのでしょうか。
酸化予防法なども取り上げて生きたいと思います。

→『美容』関連の記事一覧

 

 

肌が酸化なにそれ?おいしいの?

酸化といわれると、鉄が錆びることは想像できますよね。
肌が酸化するというのはどういうことなのでしょうか。
酸化の説明でわかりやすいのが、りんごの皮をむいてしばらくすると色がかわりますよね。
りんごに含まれている成分が、空気中の酸素と化合して色が変色するのが酸化反応です。
人間は酸素を吸って生きています。酸素が無いと生きていけません。
なぜ呼吸をして酸素を取り入れる必要があるのでしょうか。
それには、人間がエネルギーとして利用しているものと深い関係があります。
酸素を燃焼させることで、血液中の糖分を分解してエネルギーとして利用しています。
糖分をエネルギーとして利用する限り、酸化とははなれられません。

 

 

ちょっとまて!恐ろしい酸化の原因はこれだ

では酸化の説明に入りましょう。
空気中含まれる酸素は、酸素分子と呼ばれる酸素原子が2つくっついた状態で存在しています。

呼吸をすることで、酸素分子をといいれて酵素を使ってくっついている酸素分子を二つに分けます。

体内では、この分裂した酸素原子が利用されています。

酸素原子は赤血球と引っ付いて体全体の細胞で使用されます。

酸素が細胞で必要なのはは、糖分をエネルギーとして利用しているからです。

糖分をエネルギーにするためには、酸素を燃焼させて糖分をもやしてエネルギーとしています。

本来ならば細胞内で利用されるはずの酸素原子が、余計な細胞くっついてしまうことがおこります。

余計な細胞に引っ付いてしまうことで、酸化していくといわれる現象です。
酸素原子と結合してはいけないものと、結合したほうがいいものとがわかれていて悪玉善玉とよばれることがあります。
酸化がおこると、皮膚の老化に動脈硬化するなど老化の始まりです。

酸素を利用している以上ある一定度は活性酸素ができてしまうのは仕方のないことです。

なので酸化を抑える一番の方法は、息をしないことしかできません。
いくら美容のためといっても、息を止めてしまえば死んでしまいます。

 

 

酸化の予防はできるのか!?

酸素を使っている限り、酸化と無縁というわけにはいけません。
それでも予防することはできます。発想の転換です。
善玉にするためには、酸素と引っ付いても問題のない物質をとればいいのです。
なので、食べ物を利用することが一番です。
酸化してしまった細胞を新しく作りかえるのにも、養分が必ず必要になります。
養分を取ることができるのは食事だけです。
抗酸化物質として、代表的なのがブルーベリーなどに含まされる

アントシアニンに代表されるポリフェノール系の物質です。

そのほかにも大豆に含まれるイソフラボンやサポニン、

ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれるルチン、

緑茶のカテキンが上げられます。
気にしすぎても、人間は生きている限り老化していることを忘れてはいけません。
抗酸化物質を意識して取るようにして、少しでも酸化を遅らせることぐらいしかできません。

気にしすぎたらきりがないし、気にしすぎのストレスすら酸化の原因になりえてしまいます。

 

今からでも、酸化をゆっくり予防することが先決です。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー