シャネルの5番に1番から4番は存在しない!その理由は?

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

シャネルというと、日本でも有名な海外ブランドですよね

バックから、時計、化粧品、香水、帽子に洋服と様々な製品をだしています。

そのシャネルの中で一番のブランドといえば香水でしょう。

シャネルの5番といえば、日本でも有名な香水です。

シャネル5番の香水を、海外旅行のお土産として購入することもあるでしょう。

しかし、シャネルの香水で5番のほかに1ばんから4番までは存在していません。

なぜ存在していないのかの理由をこのページでは紹介していきます。

 

 

シャネルの5番の前に1~4番は存在しない

結論からいうと、試作品の段階でボツとなったため、一度も日の目を見なかった。

創業者のココ・シャネルが販売を許可しなかったからである。

 

シャネルブランドの香水を発売するため、ココ・シャネルはいくつもの試作品をつくり、順にラベリングしていった。

その中で、彼女がもっとも気に入ったのが、「No.5」とラベリングされた試作品だった。

それを納得いくものに仕上げ、そのまま「No.5」という名で売り出したのである。

 

 

シャネルの歴史

シャネルは、ココシャネルという一人の女性が始めた帽子屋さんがはじめです。

帽子を作っていく過程で、一番初めにブランドとして確立したのが香水です。

なにしろ「夜、眠るときに身につけるものは?」とたずねられた

マリリン・モンローが「シャネルの5番よ」と答えた香水である。

世界的な知名度は抜群で、いまでも売れ行きのいい香水の一つです。

 

 

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

シャネルの5番の香水、素敵ですよね。

もし香水をみにつけられるのならば、シャネルの5番はぜひ体感してみたい。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー