バスボムの作り方は?材料や色づけ方法アレンジも!

ハウツー
スポンサーリンク

 

 

バスボムの作り方や、バスボム作りに必要な材料について書いていきます!

入浴の時間を楽しませてくれるバスボムの作り方はとっても簡単です。

バスボムの材料や色づけ方法、簡単なアレンジの方法も紹介します

あなたも手作りのバスボムを楽しんでみませんか?

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

バスボム作りはとっても簡単!

バスボムといえば、入浴剤です。

時間に追われてゆっくり入浴する暇がない、そんなときにはバスボムをいれて

シュワシュワと溶けていく様子を観察してみましょう。

バスボムの作り方の基本は、重曹とクエン酸です。

重曹もクエン酸も、角質をオフする作用があるので背中のニキビや

ひざ、ひじ、かかとのケアの一環としてもオススメです!

 

 

バスボムに必要な材料は?

バスボムは重曹2:クエン酸1の割合で混ぜ、

適度に水分や蜂蜜を加えてボールのようにまとめます。

これを乾燥させればできあがです。

バスボム作りの基本は、重曹とクエン酸を水で固めれるように混ぜる!

 

 

バスボムの作り方!

バスボムの作り方はとっても簡単です。

重曹2に対しクエン酸1の割合で混ぜ、適度に水分もしくは蜂蜜をくわえてまとめて

1日時間をおいて乾燥させれば出来上がりです。

あとはお風呂に入れて楽しむだけ!

 

詳しい作り方

  • 重曹     200g
  • クエン酸   100g
  • 蜂蜜     お好み
  • 水      お好み

 

重曹とクエン酸をいれ、蜂蜜と水分をいれて混ぜる。

水分を飛ばすために、1日ほど乾かす。

これで完成です!

 

 

アレンジの方法は?

重曹とクエン酸のほかにも

コーンスターチやハーブパウダー、乾燥ハーブなどをいれたり

ドライフラワーをいれるのも、食紅で色をつけるのも面白いです。

また、お気に入りの香水やアロマオイルをたらせば

さらにリラックスできます。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

バスボムといえば、あの会社ですよね。

世界でも有名なあの会社の石鹸はとっても好きですが、

やはり値段においては、牛乳石鹸にはかないません!

牛乳石鹸はとっても万能で便利です、

牛乳石鹸シリーズでもバスボム出してくれないかな~

 

 

 

コメント