子どものあせもに最適軟膏は?すぐに取れる対策も

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

子供のあせも

 

子どもにあせもができてしまった、そんなときには軟膏をぬりましょう。

あせもは汗腺という汗がでる場所が詰まってしまっている状況で、

つまりをとってあげることと、炎症を抑える両方をしなくてはいけません

あせもができてしまったら、ステロイド系の軟膏をぬりましょう!

そのほか子どもにあせもができたとき、すぐにとれる対策も

このページではとりあげていきます。

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

こどもにあせもができてしまった

そろそろ夏になるので、汗っかきのこどもには、

あせもに気をつけたいところですね。

 

あせもができる原因は、汗をだす汗腺が詰ってしまい

汗を出すことができず腫れてしまうから、あせもができてしまいます。

 

汗腺が詰る原因としてあげられるのが、汗腺に油が詰ってしまうことなので、

体を清潔にたもつように、お風呂にしっかり入ることが重要です。

 

そして、かゆみとあせもの再発をさせないようにするために、

軟膏をぬるのも一つの手です。

 

あせも

 

 

子どものあせもに軟膏

 

軟膏

 

子どものあせもには、どんな軟膏をぬってあげるのがいいのでしょう。

ステロイド系の軟膏と、非ステロイド系の軟膏の2種類から選べれます。

ステロイド系ですぐに効くのがリンデロンです。

リンデロンVG」という名前はあせも対応として有名です。

 

軟膏

 

そのほかには、キンダベード軟膏もおすすめです。

 

 

あせもにならないような対策は?

あせもにならないようにできる対策は、ベビーパウダー

あせもができそうなところに、パプパフすることです。

ベビーパウダーが汗腺のつまりを予防してくれ、汗をすぐに発汗させてくれます。

 

ベビーパウダー

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

あせもってなると、地味にかゆいですよね。

そんなときは、すぐに汗を流しにお風呂に入る

そのあとにベビーパウダーをぬってもらうってのが

我が家の治療パターンでした。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー