ヨーグルトパックの作り方とデメリット!効果はいかほど?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

ヨーグルトパックの作り方とヨーグルトパックのデメリット

について書いていきます。

手軽にできるパックというのでネットで話題になっています。

良いこともあれば悪いことも起こるはずです。

ヨーグルトパックの作り方とヨーグルトパックのデメリットについて

そものそものヨーグルトパックの効果についてまとめます!

→『美容』関連の記事一覧

 

 

ヨーグルトパックが肌にいい!

牛乳を発酵させて作られた、健康のお供がヨーグルトです。

健康にいいダイエットができるというので、カスピ海ヨーグルトといって

主婦の間で大人気になったこともありましたよね。

 

 

ヨーグルトパックの作り方

ヨーグルトパックの作り方はとっても簡単です。

といってもヨーグルトを顔に塗るだけでは、

ヨーグルトが垂れて、パックになりません。

そのため、ヨーグルトに小麦粉を加えて硬さを出さなくてはいけません。

小麦アレルギーのある人は、片栗粉やコーンスターチで代用しましょう。

 

砂糖がはいっていないプレーンヨーグルトをつかってパックをしてください

小麦粉(片栗粉やコンスターチ)をヨーグルトに入れて硬さを調整します。

調整して好みのかたさになったら、肌にぬって

10分間パックをします。

パックが終わったら洗い流しましょう。

あとは普段の化粧品をつかって、化粧水、保湿と手順を踏みましょう

 

 

ヨーグルトパックの効果

ヨーグルトパックの真骨頂はピーリング効果があることです。

肉にヨーグルトをたっぷり流し込んしばらくおいておくと、肉がやわらかくなります。

肉は、たんぱく質でできていますし、人間の肌もたんぱく質でできています。

ヨーグルトパックをすると、古く硬くなった角質を柔らかくして取り去る、

ピーリング効果がヨーグルトにはあるというわけです。

だから肌が白くなったり、毛穴の黒ずみが改善されるわけです。

ヨーグルトにはビタミンB郡が豊富に含まれています。

ビタミンBはお肌の再生を助ける効果をもっています。

肌のターンオーバーをたすけて綺麗になるというわけです。

 

 

ヨーグルトパックのデメリット

ヨーグルトパックのデメリットは、ピーリング効果もあって

肌が白くなるというのが、メリットです。

しかしデメリットにもなってしまいます、

やりすぎると肌が薄くなってしまいますので、やりすぎは厳禁です。

それと、小麦をつかてパックをするのならばアレルギーには注意です。

そのほかにもヨーグルトに含まれているたんぱく質に

敏感に反応してしまう体質のひともいるので、要注意です。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

ヨーグルトって食べるだけじゃなくて、

肌に塗ってもいいだなんて、びっくり

どんなプレイだ!おっと失礼

ヨーグルトは酸性なので、肌がぴりぴりしてしまいそうだけど

そのぶん効果がありそう。

あまりにも痛いならば肌が荒れてしまうので

やばいとおもったら、途中でもパックを落としましょう。

肌に合わないと、危機感をすごく感じます。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー