キャスター転がらない動きにくい!キャスターを掃除しよう!

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

キャスター付きの椅子で、キャスターが転がらなくて動きにくかったりしませんか?

転がりが悪くて動きにくいのには理由があります。

キャスターに汚れや髪の毛といった汚れがついているから動きにくいのです。

こまめにキャスターを掃除する必要があります!

 

キャスターが転がらなくて動かない?!

キャスターのついているタイプの椅子は便利ですよね。

わざわざ持ち上げて運ばなくても、キャスターのころころが回転することで

椅子に座ったまま移動することができます。

キャスター付きの椅子は便利ですが、このキャスターが動かなくなることってありませんか?

どうして転がらなくなるのかの理由と、

動きにくさを改善するための対策をとっていきましょう!

 

kyasuta

 

 

キャスターに汚れが??

まずキャスターが動かなくなるのには理由があります。

キャスターは丸い2つのタイヤを一つに引っ付けたものです。

この丸いタイヤを取り付けることで、タイヤが転がり動くことができます。

丸い形にすることで床から受ける摩擦を運動に変えています。

 

korokorokyasuta

しかしこのキャスターの丸いタイヤに消しゴムのカスやごみがつくと

動きが悪くなってしまいます。

特に消しゴムのカスがつくと動きが悪くなってしまいます。

この汚れを取ってしまえば、すいすい動くようになります。

 

 

動きが悪いキャスターを掃除しよう

 

さて、では我が家にある動きの悪いキャスターを掃除しましょう。

この椅子、何年使ってるのかわからないぐらい前から活躍中です。

 

image

 

 

動きが悪いので椅子をひっくり返して、キャスターの様子を見てみましょう

 

image

 

このようにごみがべったりついています

消しゴムのカス(消しカスをまとめて練ったもの)が付着しています。

雑巾でふき取るとすぐに綺麗になりますが、

練りけしや消しカスははさみで、削り取ってしまいましょう。

image

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー