石鹸が肌にやさしい理由は?弱アルカリ性の優しい洗浄力

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

 

 

肌がきれいな人は洗顔は高確率で石鹸を使っていると答えるのではないでしょうか。

洗顔用フォームよりも石鹸のほうが、はだにいいという意見をたくさん聞きますが、

石鹸が肌にやさしい理由はいったいどこにあるのでしょうか?

石鹸の主要成分から肌にやさしいといわれる理由をわかりやすく解説していきます。

肌にやさしい理由は、適度な洗浄力と泡切れの良さじつは関係しているんですよ!

 

石鹸は肌に優しい

ニキビや乾燥肌、お肌の悩みは尽きることはありませんよね。化粧は女性にとって武器であるので毎日欠かせません。

化粧をのせる肌は毎日のお手入れをかかすことはできませんよね。気温や体調ホルモンバランスで同じといっていい日は一日もありません。

そんななかで綺麗で美しい肌を他の持つのは至難の業です。悩みを抱えて苦労している方がいる一方、毎日とってもきれいな肌を維持している人もいます。

どんな手入れをすることで綺麗を維持しているのか気になりますが、やはり肌をきれいに保つために大切なのは洗顔ではないでしょうか。

土台である肌に化粧をのせて女性は変身します。土台がきれいであればあるほど化粧ののりがよくなりますよね。

なので化粧をいかにきれいに落とすことができるのかがとっても大事になります。化粧を落とすことが大事なのは、クレンジングのCMを見るとわかりますよね。

いかに擦らず、瞬時に化粧を落とせるかが各メーカーが争っていることです。

化粧をきれいに落としきるのかが、きれいな肌には大切です。汚れを落とすのに欠かせないのが洗浄力ですが、洗浄力が強すぎると

肌そのものの油分をおとしてしまい、さらに荒れが悪化するなんてこともあります。

汚れを落としながらも肌に必要な油分を適度に残せるのが、石鹸のちからなんです。

今回はいかにして、石鹸が肌にいいのかといわれているのかの詳しい理由についてくわしく知っていきましょう。

 

 

 

石鹸の化学式はこれ!

まずは石鹸の成分からしっていきましょう。石鹸というのは化学業界では、脂肪酸ナトリウムとよばれています。

化学式というのはどんな要素がどのように手をつないでいるのかが画像で把握できる画期的なものです。

石鹸を作るのにつかわれるのは、水と苛性ソーダと植物性もしくは動物性油脂が使われます。

苛性ソーダという強アルカリ性のものと油脂を反応させて、加水分解して脂肪酸ナトリウムとグリセリンになります。

 

これが基本の化学式です。使われる油脂によって特性がかわり、水に溶けにくいものや黄ばみやすいもの、石鹸カスになりやすいものもあります。

使う油脂の化学式に含まれるCの量によって、同じ石鹸でも特性がかわります。さて、化学式はわかりましたが、だから何?状態ですよね。

この化学式だけでは、肌に優しいっていわれるのかまだまだ理由はわかりませんよね。

 

ここでは、苛性ソーダと油から脂肪酸ナトリウムというものができるということを覚えてください。

さて脂肪酸ナトリウムとは人間は切っても切れない関係にあるのです。この関係が肌にやさしいといわしめる理由になります。

中学校の理科の授業ですでに習っているんですよ。

人間の体に取り込まれた油をどのように分解しているのかを習いますよね。そのとき脂肪酸という物質をテストのために暗記しませんでしたか?

脂肪分解の化学式も、石鹸ができる化学式もまったくもって一緒なんです。

 

 

 

つまり石鹸の成分は人間の体を構成する一部なんです。自然界にもあるごく自然な物質というのが石鹸だということなのです。

もちろん人間の体からも出てくるので、人体に悪影響は及ぼされないのです。

 

 

 

 

石鹸=人間に非常に近い?!

石鹸の主成分である脂肪酸ナトリウムは、脂肪を分解するときに私たちの体の使われ、現れる物質です。

非常に人間に関係の深いものであるというのが、わかったとおもいます。

石鹸が人間の肌に優しいといわれているのは、動物由来の成分だからということが大きな理由です。

しかし石鹸がもっているほかの効果も肌に優しいといわれている理由になるんです!石鹸が持っている効力について知っていきましょう。

石鹸は言わずとしれた界面活性剤です。界面活性剤というのは、本来溶けることのない水と油を溶かす効果を持っています。

石鹸の界面活性剤としての効力は、程よい洗浄力と泡切れの良さにあります。

泡切れの良さや程よい洗浄力は、石鹸の水の中での濃度に左右されます。石鹸が効力を発揮するのに必要な水の量があるということです。

石鹸を泡立てるためには、適量の水に溶かしますよね。石鹸に代表され脂肪酸ナトリウムは、ほかの合成洗剤に比べると濃度の幅は狭いですが、

狭いからこそ、油を取り込んだ石鹸の泡が石鹸カスといわれる洗い流せる物体にすぐに変わるのです。

石鹸カスという物体になることで石鹸は肌から汚れを洗い流せるのです。この石鹸カスになりにくいと、いつまでもすすぎをしなくてはいけなくなります。

すすぎすると肌に必要な油分を必要以上に持っていかれるので、肌荒れの原因になり、お肌にはやさしくありません。

 

 

 

 

 

化学式から見るやさしさの理由

 

 

この化学式から見ると、石鹸が肌に優しい理由がよくわかったと思います。

肌にやさしいといわれる理由をあらためてまとめると

 

  • 脂肪酸ナトリウムは人由来の成分
  • 洗浄力をもつ幅がせまい
  • 幅が狭いので洗い流しやすい

 

 

 

 

この三つが肌にやさしい大きな理由なのです。

石鹸カスという物質は環境にも非常に優しいものなので、人体にも地球環境にもお財布にも優しい

とってもコスパのいいものなんです!

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2003年1月
  1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー