鹿肉に寄生虫や菌はいる?あたったりしないためにも加熱を!

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

鹿肉に寄生虫や菌がいたりしないかきになりますよね。

最近寄生虫が何かと話題になっているので、

口に入るものにはたとえいなくても敏感になりますよね。

菌や寄生虫にあたってしまわないためにもすべきことがありあます。

それは加熱です。

どんな菌でも寄生虫でも熱には弱いのです。

鹿肉に菌や寄生虫がいないかどうか、詳しく知っていきましょう。

 

 

ジビエ料理がブーム!鹿肉うまうま!

鹿といえば、奈良の鹿が有名かもしれませんが

いざ里山に行くと田畑をあらす害獣として駆除の対象です。

山に行っても、杉だらけで葉っぱに口が届かないため

人里に降り着てきて農作物を食べてしまいます。

 

 

 

鹿肉の旬の時期は春から夏にかけての草が茂っている時期です。

この時期に食べるのがおいしいのですが、なかなか捕獲しにくいのが現状です。

鹿肉の旬の時期が来ているので、鹿肉に菌や寄生虫がいないかどうかの疑問を解決します。

菌や寄生虫がいないか詳しく知っていきましょう。

 

[as#co-1]

 

鹿肉に寄生虫や菌はいない?

 

鹿肉には、残念ねがら寄生虫が存在しています。

 

その寄生虫はに『住肉胞子虫』という名前です。

この住肉胞子虫(じゅうにくほうしちゅう)に人間が感染すると

微熱が出たり、虚弱になったりします。

 

またE型肝炎になる恐れもあるので生食する場合は注意が必要です。

 

症状が出たり、長引くようであれば病院に行ったりしましょう。

鹿肉には病気になるような菌は存在しないようです。

この住肉胞子虫という寄生虫は、野生のシカのごく一部の体にいるようです。

決してすべての鹿が菌や寄生虫に感染していて、

食べてはいけないということではありません。

感染の危険があるので、対策を取ってからたべましょうというだけです。

 

 

あたった!そんなことにならないように加熱を!

さて鹿肉には『住肉胞子虫』という寄生虫が存在しています。

寄生虫がいるからといって、食べれなくなるというわけではありません。

 

 

加熱処理をすることで寄生虫を殺し、食べることができるようになります。

つまり、レアのステーキやユッケはなるべく避けて

しっかりと加熱して鹿肉の中まで火を通してから食べてください。

 

すべての鹿肉のかに寄生虫がいるというわけではないので、

寄生虫が存在する個体もある。

そして寄生虫や菌の対策には加熱調理が一番だということを覚えてください。

 

鹿肉のユッケなどとてもおいしいものもありますが、

危険を理解したうえで鹿肉を味わって食べてください。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー