豆乳嫌いがオススメ、豆乳ダイエット!ヨーグルトだと苦手でも食える

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

古今東西ダイエット方法はたくさんありますがあなたはどれだけ試してきましたか?

ダイエットの手法としてさまざまな食品が使われますが、苦手な物もありますよね。

今回は、好き嫌いが分かれる豆乳に重点を置いてみます。

豆乳ダイエットがいいと聞くが豆乳が苦手なアナタには、豆乳ヨーグルトがまだ食える! 

→『食品』関連の記事一覧

 

 

豆乳の良さ

「豆乳」は体い良い飲み物として健康志向の高い方に支持されていますね。

豆乳とは、大豆を水に浸してすりつぶし、さらに水でのばして煮詰めた汁のことです。

畑の肉といわれる大豆を余すところなくとりいれることができる飲み物です。

ダイエットをする場合、忘れがちで一番大切なのは痩せやすい体質をつくることです。

そのためには、過度の食事制限をするのではなく一定量のたんぱく質を摂取することが不可欠になります。

豆乳には、豊富なたんぱく質がふくまれていますので、やせやすい体に導いてくれます。

大豆たんぱくは、動物性食品に比べても低カロリーで基礎代謝を活発にする

機能があることがわかっています。これは利用しないと損ですね

 

 

豆乳のダイエット効果

たんぱく質には、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類があります。

植物性のたんぱく質は、消化に時間がかかり消化するのにエネルギーが必要になります。

消化するエネルギーが多くなるので基礎代謝が上がり、やせやすくなります。

消化に時間がかかるので満腹感を得やすいため豆乳には、間食予防としてもダイエットの強い味方です。

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、美容にも効果があることが

良く知られていますがそのほかにも効果があります。

イソフラボンは女性が持つホルモンにとても良く似ている構造をしています。

良く似ている女性ホルモンはエストロゲンといいます。

このエストロゲンは骨にカルシウムを届ける役割をしています。

ホルモンバランスが乱れると骨粗鬆症になりやすくなりますが、

大豆イソフラボンは骨粗鬆症を防止してくれます。

そのほかにも大豆の持つ、レチシンには細胞分裂を活発にしてくれる働きガあります。

レチシンの働きはそれだけでなく血液中のコレステロールや

中性脂肪などの血液中の余分な脂質を洗い流してくれます。

また動脈硬化を予防する効果があり、血管を強くして高血圧を防いだり、

神経伝達物質を生成することにより、脳を活性化して認知症の予防にも効果が期待されています。

 

 

一般的に豆乳が苦手だと感じられる理由・筆者が豆乳が嫌いな理由

豆乳といわれるとどのようなイメージを持っていますか?

生臭い牛乳よりも飲みやすいという方もいますし、そもそも豆乳だからのめるって人もいます。

牛乳よりもくせがあって飲みにくいとか、大豆の青臭いにおいが残ってて飲めないとか

マイナスイメージを持っている人もいるのも事実ですね。

私はどちらかというと豆乳が苦手です、大豆の青臭いにおいと舌の上に残る甘みがどうも苦手です。

・豆乳ヨーグルトにするとなぜ食べれるようになるか

苦手ですが、ヨーグルトにすると食べれます。

ヨーグルトは乳酸菌が発酵してできるものなので、豆乳の独特な味に酸味ききにおいと味がマシになります。

苦手だけど、これなら食べれるというレベルです。

ヨーグルトにすれば味の変化をつけやすく、味と香りをごまかすのが楽になります。

食べた後味は豆腐に近いです。

 

 

豆乳ヨーグルトの作り方

タネとなるヨーグルト、市販の豆乳だけで作れます。
豆乳は新品未開封のものを使用しましょう。
タネとなるヨーグルトは、大さじ3ほどで大丈夫。

まず豆乳を500ccを電子レンジにて入れ 温めます。
温まった豆乳に、タネとなるヨーグルトを入れてかき混ぜます。
あとは常温で放置し、固まって一塊になれば完成します。
とっても簡単です。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー