生ハムとハムとベーコンの違いは?作り方の歴史も

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

生ハムとハム、ベーコンの違いについて紹介していきます。

ハムも生ハムのベーコンもどれも豚肉をつかった

保存食であることが共通点です。

違いは加工方法と味付けぐらいなのでしょうか?

作り方や、生ハム、ハム、ベーコンにどんな歴史があるのかを

このページで検証していきます!

→『料理』関連の記事一覧

 

 

生ハム、ハム、ベーコンそれぞれの違いはどこ?

ハムや生ハム、ベーコンの違いは加工方法です。

加工方法の違いが、名前の違いを生んでいます。

豚肉を腐らせないように長期保存ができるようにしたのが

ハムであり生ハムであり、ベーコンであります。

ハムと生ハムは、豚モモ肉をつかていて、

ベーコンには豚バラ肉が使われています。

使われている肉にも違いがあります。

 

生ハムの違い

豚もも肉を塊のまま塩漬けにした加工食品です。

豚もも肉を18ヶ月間、風通しのいい場所で熟成させます。

 

生ハム

 

ハムの違い

豚もも肉を塊のまま塩漬けにして加熱した加工食品です。

加熱方法は、燻製にした上でゆでるそうです。

 

 

ハム2

 

ベーコンの違い

ばら肉を塩漬けにしたあと燻製したものです。

塩漬けしたあとに、水であらい燻製にします。

 

カマンベールベーコン

 

 

ベーコンもハムも生ハム豚肉をつかった加工食品で

違いは、加工方法と手順と使われる肉が違います。

どれも、長期保存用に開発された

保存食であるというのは一緒です。

 

 

生ハム、ハム、ベーコンの作り方

では、ベーコン、ハム、生ハムの作り方について簡単に見ていきましょう

 

ハム

 

 

生ハム

 

 

ベーコン

 

 

 

生ハム、ハム、ベーコンの歴史

歴史についてふれてみましょう、保存食の歴史はかなり古いのです。

まず、豚はかなり早い段階から家畜として飼育されています。

紀元前7000年頃には豚が家畜として飼育されていたそうです。

狩猟生活が中心だった人類は、家畜を飼うことで農耕文化に移り変わりました。

家畜を飼うことに成功した人類は、いつでも食べれるように、

保存するという方法をとるようになります。

 

豚肉

 

一番最初につくられたのが、生ハムだったそうです。
バビロニアやエジプトに生ハムが紀元前3500年頃に生まれ、

紀元前4800年頃には中国に生ハムが存在したと言われています。
そこから、熱処理をしたハムや、ベーコンもうまれたそうです。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

 

ハムも生ハム、ベーコンも保存食です。

どれも手間暇のかかるものですが、

自分の口に入るものを一から作るのが夢です。

豚を飼うところから、ハムとベーコンを作る

すべての過程を試してみたいです。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー