貿易とはわかりやすく簡単解説!貿易摩擦に貿易風も解説

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

貿易とはどういことなのかをわかりやすく簡単解説をしています。

貿易には関税という厄介な存在があるので貿易摩擦がおこります。

貿易風というのと、貿易はまったく違うものですので

そこを詳しくわかりやすく簡単に解説してきます

→『経済』関連の記事一覧

 

 

貿易ってなんだ!わかりやすく簡単に

貿易というのは、とある国と別の国の間で行われる商品のとりひきのことです

商品を国のそとに出すことを、輸出といいます。

反対に商品を外国から自分の国にいれることを輸入といいます。

 

国から出せば 輸出

国に入れるなら 輸入

 

貿易は、国同士のものの取引のことです。

とっても簡単ですよね。

例を示すと、消しゴムをとなりの子と貸し借りすることに

たとえるとわかりやすいです。

 

貿易

 

 

ちょっと詳しく貿易を解説

もう少し貿易を詳しく解説していきます。

貿易は国と国をこえると厄介なこともおこることもあり、

助けるためにも国が間に入ってくることもあります。

貿易をすると、必ず関税という税金がかかわってきます。

関税を管理するにはかなり面倒な手続きがあるのでそれなりの資格も必要です。

また、貿易にはいくつか種類があります。

個人でブランド物を取り寄せると、個人輸入と呼ばれます。
3つの国をまたいで貿易すると、中継貿易になります。

 

輸入

 

 

貿易摩擦はなぜ起こる!

貿易をすると、関税の影響で貿易摩擦がおこります

この貿易摩擦について、簡単にわかりやすく解説します。

貿易摩擦は、貿易をすることで熱が発生するイメージです。

日本とアメリカの貿易摩擦を自動車をたとえにして簡単に解説します。

日本車の性能がよく、アメリカでたくさん販売することができました。
しかし逆に、アメリカ車は日本でなかなかうれなかったとします。
(日本は貿易黒字、アメリカは貿易赤字

 

 

アメリカでは、「日本ばかりがもうけてずるい!!」 
という発想が出てきます。
日本車は、買わないぞ!!とか日本車をぶっこわせ!!
といった暴動が起きたて、さらに問題が大きくなるなんてことも

 

 

貿易風って、貿易摩擦と似てるの?

貿易と検索すると貿易風というのが候補にでています。

この貿易風は、経済のワードとしての貿易ではなく

地理のワードの貿易風のことです。お間違いなく!

地理の世界で使われている貿易風というのは、偏西風と似てます!

偏西風というのは、地球の大気地上を吹く風の名前のことです。

地球を吹いている風は一年中ほぼ同じ方向に吹いている恒常風と、

夏と冬とで風向きが変わる季節風(モンスーン)の2種類があります。

偏西風や貿易風は1年中ほぼ同じ方向に 吹く恒常風の名前です。

北半球では、偏西風という名前で呼ばれています。

貿易風は北半球を同じ方向で吹いている風の名前です。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー