西方教会と東方教会の違いはどこに?~キリスト教徒の派閥争い~

思いつき
スポンサーリンク

 

 

西方教会と東方教会とはどこが違うのかについてのページです。

同じキリスト教徒なのですが、ちょっとしたところに違いがあります。

違いを詳しく見ていきましょう。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

西方教会と東方教会の違い

西方教会と東方教会の違いは、派閥が違うのと一緒です。

派閥というのは、同じ考えを持っているひとが集まるというこなので

西方教会と東方教会で考えが違っているということです。

 

祈り

 

西方教会と東方教会の大きな違いは

司祭に世帯が認められているかいないかです。

世帯というのは、結婚ができるかできないかのことになります。

結婚をしてもいいのが東方教会で、

独身を貫かなくてはいけないのが西方教会です。

 

太陽

 

そのほかの違いとして、式典での様式の違いがあります。

神さまは一人だけで、他の偶像を信仰しないというのはいっしょです。

西方教会のことをカトリックとよび

東方教会のことを プロテスタントと呼ばれます。

 

後悔

 

 

どうして分裂したの?

西方教会と東方教会というのは、もともとは一つの協会でした。

しかし、派閥争いによって東方と西方に分裂しています

どうして分裂したのかというと、話せば長くなります。

 

十字架

 

一つのキリスト教会に属していたローマ教皇とコンスタンディヌーポリ総主教が

互いに互いを破門したから、分裂したといわれています。

破門というのは、キリスト教会から出て行け!クビだ!といったところです。

強い権力を持っていたので、とちらも上に立ちたかったのでしょう。

 

 

 

コメント

  1. […] ⇒『西方教会と東方教会はどこが違うの?キリスト教徒であるのは同じ』 […]