重曹で癌が治る?嘘か本当か、プラシーボ

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

重曹を溶かした水を飲むと癌が治療できると、噂されています。
あなたは本当だと思いますか?それとも嘘だと思いますか?
日本人の3人に2人が何らかの癌になります。
重曹を溶かした水を飲んで、癌が治るならば医者なんて要りません。
ですが、嘘か本当かは本人の思い込み(プラシーボ)次第です。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

重曹を溶かした水で癌が治る?それってたぶんプラシーボ

病は気からとの言葉ありますように、思い込むことで病気になることがあります。
それと反対に、思い込むことで病気が直ることもあります。
思い込むことで病気が直る、このことをプラシーボ効果と呼ばれています。
重曹を溶かした水を摂取すると、癌が治療できるといわれているのは思い込みからではなかいのかということがいいたいことです。
癌は、人間の体を構成している細胞に、突然おかしな細胞ができることです。細胞分裂を繰り返すと一定の割合で必ずコピーミスがでます。コピーの誤作動です。

人間の体には、コピーミスの細胞ができても、退治できるようになっています。
コピーミスの細胞をほうっておくと、癌になります。
癌は通常、レーザーで焼く、放射線治療、薬を飲んで蹴散らすの3つの方法がとられます。

 

 

ちなみに、一般的ながん治療

一般的ながん治療は、細胞を手術で全部取り出す方法が一般的です。
ある程度大きくないとダメなのと、陽性悪性のどちらの癌なのかにもよって代わります。

よく癌が転移したといわれますが、新陳代謝ではがれたがん細胞が血液のながれにのって別の場所に移動するのです。
放射線治療では、小さな癌を退治する方法です。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー