りんごの保存方法や期間はいつまで?りんごジャムの作り方

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

りんごの保存方法や保存期間はいつまで持つのでしょう。

保存期間を延ばす方法として、りんごジャムがあります。

りんごジャムの作り方や、りんごの保存方法と保存期間についてです。

→『食品』関連の記事一覧

 

 

りんごの保存方法

りんごの保存方法はとっても簡単です。

冬になる果実なので、温度差のあまりない涼しい環境ならば

そのままでも保存は可能です。

ですが、りんごからは果物を熟すためのエチレンというガスが出ています。

このエチレンガスがある限りどんどん林檎が熟れています。

段ボール箱に敷き詰められた状態で保存するよりも、

箱から出して、エチレンガスがたまらないようにしましょう。

 

ringo

 

そのとき、りんごを新聞紙に包んだり

一個一個別で袋に入れる保存方法もありです!

ちなみに、エチレンガスの効果をジャガイモが抑えてくれるので

ジャガイモと一緒に保存すると長持ちするようです。

 

 

りんごの保存期間

りんごの保存期間は、温度差の少ない涼しい場所では一ヶ月持ちます。

 

熟してしまわないように、箱から出し、ビニールをかけるなど対策をとると

さらに半月ほど長持ちするようになります。

 

 

りんごは、酸化しやすいので冷凍保存はむきません。

 

ringo2

 

生のままで冷凍保存して、後からりんごジャムにすることはオススメではないです。

抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているので、

切り口の色が変わっていきます。

 

 

保存期間延長、りんごジャム

長期保存をしたいのならば、やはりりんごジャムにするのが一番です

もらいすぎて食べ切れない、アップルパイを焼くことがおおい

安心できるジャムを手作りしたいあなたにはもってこいです。

ジャムにすれば、1年は保存することができます。

zyamu

 

 

りんごジャムの作り方

りんご  4つ

砂糖   重量の60%

レモン汁 1/2個

 

  • りんごの芯をとり皮をむきます。
  • 鍋にりんごとレモン汁、砂糖を入れる
  • 焦げないように煮詰め、灰汁を取る。
  • りんごから水分が抜けたら、ミキサーにかける。
  • もう一度火にかけて、好みの硬さになるまで煮詰める。

 

レモン汁がなくても、ジャムはできますが色が暗くなります。

りんごそのものの甘さを楽しみたいのならば、

レモンを入れなくても大丈夫です!

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー