シェールガスとは何か?世界で起こる革命!日本への影響と問題点とは

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

シェールガスとはいったい何かわかりますか?

石油の代替として世界で革命が起こっています。

シェールガス革命が日本にどんな影響を引き起こすのでしょう。

シェールガスの問題点についても取り上げます。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

シェールガスとは何だ!

シェールガスというのは、

 

空気の気泡が入ったから取れる天然ガスのことです。

 

バブル

 

 

頁岩(けつがん)という、泥が固まってできた地層から採取できます。

化石燃料の一つなので、埋蔵量には限りがあります

1990年代から注目されていたのですが、ガスを効率よく採取するシステムが未完全で

取れる量が少なくコストの高いものでした。

2000年代に入ってから、効率よく採取する方法が見つかったので

シェールガス生産コストが抑えられ、使われ始めるようになった。

石油に代わる燃料として現在でも注目を浴びています。

 

 

シェールガス革命に問題点あり?

シェールガスを効率よく生産する仕組みができたことで、シェールガス革命が起こりました。

シェールガスが発見された当初は、地球温暖化ガスの排出量がすくないと注目されていました。

しかし便利なものには裏があるともいわれるように、問題点もあります。

シェールガス革命によってあらたな問題点が生まれました。

水をつかって採掘する方法は、水圧粉砕法といわれています。

 

doro

 

現在シェールガスを生産するのに大量の水を使っています。

ただの水を使っているのではなく、化学物質を含んだ専用の水が使われています

この大量に消費する水が環境を汚染していると問題になっています。

地下水にメタンガスが混ざる、異臭がするようになる、井戸水が飲めなくなる

などなど環境に配慮したものではないのです。

 

 

日本に影響があるかも..

日本でもシェールガスは生産が始まっています。

日本ではシェールガスではなく、シェールオイルとして生産がされています。

シェールガスとオイルの違いは、水圧粉砕法で採取をするとき

採取液にオイルを含ませているからでっす。

日本にどんな影響が来るのかといえば、

エネルギー調達の選択肢が増えること

原油一択はなくなるので、エネルギー勢力図が変わる

電気代、ガス代が安くなるという影響がでます。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー