たけのこの刺身のおいしい食べ方、作り方を教えます!

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

たけのこの刺身というものがあります。

あのたけのこを刺身にするのですが、おいしい食べ方と作り方についてまとめます。

たけのこたけのこにょっきっき!
春に旬が来るものといえば、たけのこにわらびに土筆に花見
今回は、たけのこにスポットを当ててみようと思います
あなたはたけのこって刺身にできるってしってましたか?
たけのこの刺身のおいしい食べ方と作り方を教えますねー。

 

→『料理』関連の記事一覧

 

 

たけのこ2

 

たけのこ

たけのこは竹の子です、そうです竹の子どもです。
竹といえば放置すると厄介な植物ですね。
成長が早くて、ものすごい勢いのある植物です。
そして、たけのこには独特の触感と歯ごたえが

春の季節を感じさせてくれます。
触感のアクセントとして、春巻きから煮物に幅広い活躍をしてくれます。

たけのこは、たくさんの皮をまとって生えています。

竹の皮を剥ぎ取ってやわらかい新芽の部分

が私たちが食べれる部分です。

たけのこの渋みは、タンニンという物質です。

 

 

たけのこ3

 

たけのこは本来なら灰汁が強いので、米ぬかや米のとぎ汁に漬けて沸騰させ
あく抜きをしなくては渋みが強いので食べることができません。
味付けをするので、たけのこ本来の味はわからないですよね。

さて、刺身といえば生で食べることを刺身といいますよね。
灰汁の強いたけのこを刺身で食べるなんて、冗談なこというなーと思ったあなた。
食べれちゃうんだそうです!

 

 

たけのこの刺身の方法

たけのこを刺身でたべるなのば、取れたその場でなければ刺身にできません

収穫から時間がたてばたつほど、渋みがどんどん増していきます。

取れたてのたけのこの皮をむきます。

身を薄く切って、しょうゆをつけて食べれます。

 

 

 

たけのこ

 

取れたてで新鮮、地表に出てまだ時間のたっていないものを

食することが刺身のポイントです。
見分け方はたけのこの芽の部分、緑色になっているでしょう。
ここの緑が薄くてたけのこの皮の色が薄いものだと食せるらしい。
スライスして、一枚食べれるかなー程度なのだそう。

でも多少灰汁はあるので、覚悟してたべなければという噂です。

 

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー