わらびとぜんまいの見分け方と違い!調理方法や食べ方も

食品

わらびとぜんまいの見分け方と違いについてこのページでは取り上げます。

わらびとぜんまいは、どちらも春に生える植物で

見分けがつきにくいので間違いが多いです。

ぜんまいとわらびの見分けの仕方と、おいしい調理法や食べ方も紹介します。

→『食品』関連の記事一覧

   

わらびとぜんまいの違い

わらびとぜんまいの違いを説明できるでしょうか?

わらびもぜんまいも、シダ植物で親戚同士の関係です

日当たりのいい草地や原っぱに群青しているのがわらびです。

一方ぜんまいは川や谷の水分の多いところに生えます。

どちらも食べることができるのですが、

わらびを食べる機会のほうが多いでしょう。  

 

どっち?わらびとぜんまいの見分け方

わらびとぜんまいの見分け方は簡単です。

ぜんまいには、茶色い産毛におおわれています。

わらびにも産毛があるのですが、ぜんまいよりもうっすらです。

見分けの仕方は、生えている芽の産毛で見分けます。  

画像で比較してみましょう。

  わらび2   ぜんまい  

わらびは二股に分かれますが ぜんまいは、しゅっと一本だけが伸びていきます

微妙な色合いの違いも見分ける手段として有効に使えます。

わらびは、あざやかな黄緑色をしていますが

ぜんまいは濃い緑色をしています。    

 

 

わらびのおいしい食べ方、調理方法

わらびは、調理をすると粘りのあるとろっとした食感がおいしいです。

わらびは、アクの強い山菜なので 灰汁抜きは必須です

 

あく抜きをおろそかにすると中毒になります

 

あく抜きの方法は、重曹、小麦粉、米ぬか、米のとぎ汁などあります。

今回は一番簡単な重曹を使ったものでいきましょう。  

 

 

  • わらび・・・500g
  • 重曹(タンサン)・・・小さじ1

  1. 鍋に、わらびが十分かくれるくらいのお湯を沸かす。
  2. 沸騰したら、重曹とわらびを入れて火を消します。
  3. そのまま一晩、つけおきます。
  4. わらびをキレイな水でよく洗い、水をきります。
  5. すぐに食べない場合は、水気をよく切り
  6. ジプロックなどに小分けして、冷凍保存ができます。

重曹を入れすぎると、どろどろになってしまうので注意が必要です。      

 

 

 

妖精の解答ポイント

ワラビ取りをすると、低い確率でぜんまいもとってしまいます。

たけのこも一緒にワラビと煮付けにするとうまいです。

春先になると、毎食たけのことワラビが食卓に並びます

小さなころは苦手だったのですが、今では大好物です。

たけのこといえば、とりたてのたけのこで

刺身を食べることができるようです。

たけのこの刺身のおいしい食べ方、作り方を教えます!

 

 

コメント