コーヒー豆の挽き豆の保存期間は?ビンに常温保存でもいいの?

ハウツー
スポンサーリンク

 

コーヒー豆

 

コーヒー豆を挽いた挽き豆をどう保存していますか?

挽き豆の保存期間について、このページではあげていきます。

コーヒー豆自体には保存期間や使用期限がかかれていますが

コーヒー豆を挽いた挽き豆には保存期間はありませんよね。

豆を長期間保存数するには、常温保存もありますが

挽き豆を保存するには常温保存でもいいのでしょうか?

保存に当たってどんな容器で保存をすればいいのかも答えていきます。

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

コーヒー豆の挽き豆保存期間

コーヒー豆は鮮度が命です。

コーヒー豆を挽くと、空気に触れる部分が多くなってしまうので

どんどん味が悪くなってしまいます。

挽き豆の保存期間は大体もって3日といったところです。

挽いた豆を保存するには、なるべく密閉できる容器に入れましょう。

 

 

挽き豆の保存方法は常温?

コーヒーを飲むために挽いた豆の保存方法はどうすればいいのでしょう?

挽いた豆はなるべく空気に触れないように冷凍保存しましょう、

冷凍庫に入れておくのは温度変化を少なくするためです。

コーヒー豆の酸化は、豆の中の二酸化炭素が出て行ってしまうためです。

そのため、密閉できる容器にいれて、冷凍保存することが

挽き豆の保存方法です。

一番いいのは飲む前に挽いてからコーヒーを入れるのがおいしいです。

 

 

挽き豆はビンそれとも缶?管理のしかた?

挽いた豆を保存するのにも管理するのにもネックは

空気に触れないようにすることです。

そのため、密閉できる容器に入れて管理しましょう。

ビンでも缶でもいいです、空気に触れないようにします。

ビンや缶がない場合では、ジップロックに入れて空気を抜くのでも

代用ができます。

 

 

 

妖精の解答ポイント

コーヒーや紅茶は凝ってしまうと、沼にはまりますよね。

おいしいコーヒー豆取り寄せてみたくなるし、

コーヒーがおいしい喫茶店にも行きたくなりますよね!

自分の家でいれるコーヒーをおいしくしたいならば

保存方法や管理のしかたはとっても大切です。

 

 

 

コメント