ジビエの保存方法は冷凍保存!解凍の仕方や調理法

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

ジビエ料理が話題ですが、ジビエ肉をもらったら

保存方法はどうすればいいのでしょうか?

ジビエ肉を分けていただいたけど、どうすればおいしく保存ができるのでしょうか?

やはり保存の方法は冷凍保存が一番です。

冷凍保存をしてもジビエ肉のおいしさが損なわれない仕方と

おいしくたべるための解凍調理法についてまとめていきます。

 

 

 

ジビエをいただいた!どうやって保存すればいいの?

ジビエ料理に注目があつまり、何かとジビエを口にする機会が増えたと思います。

通販ででジビエ肉を買ったり、ご近所さんに分けていただいたりしますよね。

買ったりもらったりしたお肉はどうやって保存しておくのがいいのでしょうか?

やはりジビエ肉をおいしく保存するには、冷凍保存が一番です。

 

 

なぜ冷凍保存が一番なのかというと、

解凍したあとの調理のレパートリーが多いことです。

 

冷凍保存のほかにも、保存方法はいくつか存在しています。

ソーセージや燻製にしたり、干し肉やハムにするなど方法があります。

冷凍保存をすることで、鹿肉に含まれているうまみである肉汁の

流出を防ぐこともできます。

ジビエ肉の冷凍保存の方法を知っていきましょう!

 

 

上手なジビエの冷凍保存の仕方

上手にジビエ肉を冷凍保存するには、どうすればいいのでしょうか?

もらってきた状態そのままで冷凍庫に入れるのも手ですが、

おいしく食べるためにも一工夫が必要です。

 

部位丸ごとを冷凍保存するより、使う量に分けてから冷凍保存するのがいいです。

なぜかというと、大きな塊だと解凍してから一度に使いきれないからです。

冷凍と解凍を繰り返すと肉がぱさぱさになってしまう原因です。

 

 

 

例えば鹿肉のヒレやしし肉のヒレは、

ステーキにして食べることができる部位です。

このヒレの部分は塊のままでなく、数センチの幅であらかじめ切り分けておきます。

そうすると、ヒレ肉を調理するときに一枚一枚ピッタリの量をつかえます。

塊が大きすぎると、全部を解凍して料理に使い、

残り半分をまた冷凍することになってしまいます。

冷凍と解凍を繰り返すと、肉がぱさぱさにうまみが素足で逃げます。

 

使い切れる量に切り分けて、ラップにくるんで、

バットに重ならないように並べて冷凍しましょう。

 

 

 

おいしく食べる解凍の仕方!

おいしくお肉を食べるためには、解凍方法にも気を使いましょう!

解凍に失敗するとおいしさが半減します。

 

 

レンジの解凍コースを利用したり、常温で放置したり

水につけたままの放置をしたりしていませんか?

ただ解凍すればいいという考えはおいておきましょう。

 

解凍するときに気を付けないといけないのは、

解凍するときの温度です。

 

解凍の基本は低温でゆっくりするとです。

 

低温で解凍することにより、肉のうまみである肉汁が逃げ出すことなく解凍できます。

解凍するときに水に漬けて解凍をしてしまうと。

せっかくおいしい肉汁が抜けてしまい、ぱさぱさの水っぽいお肉になってしまいます。

これではおいしく食べることはできませんよね。

 

冷凍庫で冷凍していたものを、冷蔵庫に移して解凍するぐらいが

一番いい解凍方法です。

全解凍の一歩手前、なんとか包丁で切れるぐらいが解凍の目安です。

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー