イシガメやクサガメがなつく方法と条件やり方

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

 

 

カメがなつくやり方

クサガメやイシガメはなつく。
でも、本当はエサがほしいだけ!

 

ですので、クサガメの場合もイシガメの場合も、
なつくしつけのタイミングはエサをやるとき!

人によってはカメにも名前を付けますよね~。

名前を呼んだらついてくる、

そんな状態っ て想像してみてください。

 

うれしいですよね。

 

我が家ではクサガメとイシガメがいるのですが、
名前はクサンカーメン、ク~サン、ふくちゃん、ガメです。
前三匹はクサガメで、最後のガメがイシガメです。
名前を呼ぶとついてきます。

 

目を合わせると、餌をくれると思ってばちゃばちゃ近づいてきます!

首を高く伸ばして近づいてきます。

 

うちの子ではないのですが、良い動画ありました 。
まずは見てください。

 

 

 

 

 

クサガメのなつくやり方を載せた動画だったのですが、イシガメも同様
クサガメは非常に好奇心が強いので、割と簡単になつく!

イシガメの場合は、少し、というか結構臆病なので、

最初に人の手でエサを食べさせるところが大変です。

動画では子ガメです、大きくなった亀は無理なんじゃない?。

いえいえそうでもありませんよ

年齢と性格によりしつけるのに 時間はかかりますが、大人のカメでも問題なくなつきます。

クサガメもイシガメも例外なしです。

 

 

 

カメがなつく原理と方法

まず、はじめに言います。
カメは頭が悪いです。
目も悪いです。
耳はよくわかりませんが、鼻はいいです。
顔はめちゃかわいいです。

それはクサガメもイシガメも同じです。
おそらく、これを読んでくださっているあなたは、
これから実践してみたいと思っているのではないですか?

ですので、はじめに言いました。
頭と目は悪いのです。
あ、記憶力はいいですよ。

 

 

かめがなつく方法とその条件

なつかせ方法の条件は2つ!

 

①必ず、同じ手順、方法でエサをやる
②基本的に手渡し

以上

 

なぜこの2つが大切なのかを解説しますね。

 

クサガメやイシガメはカメ、爬虫類ですので、

基本的になつくという概念は存在しません。
なぜなら、彼らは言葉を理解できませんし、

じゃれつきにきてるわけでもないからです。
名前を呼んだらというのは、ただ単に発音を聞き分けているだけにすぎず、

その発音がエサのもらえる条件だからにすぎません。

人もそうですが、他の動物にも言える条件がこれ

 

「特定の何かが起こったとき、その後に良いことがあると、

その良いことがあったときにしていた行動の頻度が上がる」

 

 

 

なんか声が聞こえたら、餌がもらえたぞ?

この音がしたら餌がもらえるんだ!!!!

だから、特定の音が聞こえたら人に近づく。

エサがもらえる=カメにとって良いこと

これがクサガメイシガメなつく原理です。

なつくためのしつけは、期間と回数が命です。
クサガメもイシガメも1度や2度行動を変えたくらいでは覚えません。
しっかりと、徹底して連続して同様のしつけ行為を行ってください。
そうすれば、なつくまでにば1ヶ月もかかりません。

 

 

 

 

 

なつくとは?

さっきなつくことはないといいましたが、

人がカメにとって恐怖の対象ではなくなったのです。

なので人が行うことに好奇心をもって、近づいてくることはあります。

特にカメは変温動物で暖かいところが好きですから。

さらにクサガメは好奇心がかなり強いので、

動くものにはなんでも寄り付きます。

ちなみに、怖いものがあると、動くものから徹底的に逃げまくります。

何分臆病なものでねぇ

 

 

なつくとわかる、カメのあれこれ

クサガメやイシガメが覚えられること

①味
②臭い
③音
④風景
⑤手順

 

クサガメもイシガメもエサの味は覚えますね。
あまりにもおいしい餌を与えると、

それ以外食べなくな ること多々あります。
人によっては、クサガメにマグロの刺身をやったがために、

マグロしか食べないクサガメが出来上がったとか。
なつくことはうれしいですが、コスパが…

あと、エサは臭いで判別します。
クサガメもイシガメも雑食ですが、基本的に魚肉や虫は好んで食べます。
ですので、臭いの強い餌を与えると、野菜とかを食べな くなったりします。

そうなるとエサのコスパが

 

 

なつかせるのが大変だったなぁ

外からとってきた大人のイシガメ、

ガメを教育するときはほんと大変でした。
池に放したら、30分から1時間は水面に顔を出しません。

カメは水中ではおしりで呼吸できるみたいですね。
あ、それは水中になれているカメだけで、

陸地になれているカメを水に入れると、

泳ぐのが明ら様にへたくそですので、

飼育するときは必ず陸地を作ってください。
場合によってはカメも溺れます。

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2003年1月
  1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー