アルビノをしっていますか?

動物
スポンサーリンク

 

 

アルビノをしっていますか?
あっ回復魔法とかではないですよ。

すばらしきアルビノ写真を集めてみました。
アルビノというのは、体の色を出しているメラニンという成分が
生まれつきすくなく、色素が薄い先天性の病気です。
病気といっても移るものではなく、肌の色が白く見方によってはとても美しいです。
そんな美しいアルビノの写真を集めてみました。

→『動物』関連の記事一覧

 

アルビノとは

 

ハツカネズミ

 

ハツカネズミなど遺伝的に元から白いものや
遺伝子を人間の手で変化させて、

受け継いでいくもののあるビノと呼ばれます。
この遺伝子疾患に起因する症状は

先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)という病名です。
動物の場合では、メラニン色素が少ないと

目が弱かったり天敵に見つかりやすいなど
太陽に弱くなってしまういろいろと大変です。

そして、珍しいということで密漁の対象になりやすいのも現状です。

 

 

ちなみに、アルビノと突然変異で生まれた

白い固体の白変種はまったく別物なのだとか
人間で言う白髪みたいなものです。
色素のかずが少なく体毛や皮膚が白くなった固体のことです。
ホワイトライオンやホワイトタイガーなんかがこちらに当てはまります。
アルビノと白変種の見分け方は目の色なんだとか
アルビノの場合は色素がなく血管の色が見えるので瞳が赤くなりますが
白変種の場合だと目の色素の異常ではなく劣化なので瞳の色は黒のままなんだとか

随時更新していきます。

 

白5

 

白6

 

白7

 

白1

 

白2

 

白4

 

白3

 

 

 

コメント