PKOと集団的自衛権の違いは何?派遣された自衛隊の活動内容とは

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

PKOと集団的自衛権の違いは何なのかあなたは説明できますか?
まず、PKOと集団的自衛権の違いはまったくの別物です。
PKOは平和維持活動のことで、集団自衛権は、国に認められた権利です。
PKOと集団的自衛権のどちらにも自衛隊はかかわりますが活動内容は
まったく違ったべつものです。
今回は、PKOと集団的自衛権の違いは何から、派遣された自衛隊の活動内容についてです。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

そもそもPKOって?

まず、PKOというのは《peacekeeping operations》の略称です。
日本語訳をすると国連平和維持活動となります。
国際連合に所属している国同士が、平和を守るために争いが起こった国を
平和にするための支援をする活動です。

紛争拡大を防止したり、休戦や停戦が

行われているかを監視し、治安の維持に努めます。
国同士の戦争ならば中立にたち、どちらの国とも

関係のない国から人員が派遣されてきます。
軽武装の組織と、非武装の組織の二つがあります。
日本の自衛隊が従事するのは、非武装組織のほうです。

 

 

集団自衛権ってどんなこと

では、集団的自衛権についてです。
最近集団自衛権を持てるようになったというニュースで記憶に新しいと思います。
この集団自衛権というのは、国際法でどの国も持つことを認められた権利のことです。
この権利をもっている国は、もし攻撃されたとき

第三者の国と一緒ならば反撃をすることができる権利です。

直接攻撃を受けている国を、支援して揚げれるというのが本質ですね。

集団自衛権の権利を使うか使わないかは、国の中で決めます。
日本でひと悶着あったのは、集団自衛権を日本が持つと戦争に

借り出されるかもしれないからもめていました。

結果をいうと集団自衛権を持つことは先送りになりました。

 

自衛隊

 

 

PKOと集団的自衛権の違いは何?

PKOと集団的自衛権のそれぞれはまったく違うものです。

一方的な戦争に対抗する手段の集団的自衛権と、
平和を維持する活動はまったくもって違います。

 

 

PKO活動に派遣された自衛隊の活動内容とは

派遣先で自衛隊がするPKO活動の内容は、派遣される国から要請があります。
自衛隊員は要請に応じて、インフラを整えていきます。
PKO活動のインフラ整備というのは、人々が生活しやすい環境を整えることです。
橋を作ったり、水路を直したり、道路を作ったりすることですね。
2012年から南スーダンにて自衛隊はPKO活動をしています。
そのなかでは、大学の敷地を作ったり、幹線道路を作ったりしています。
また、難民への給水活動やトイレの設置医療支援なども行っています。

http://www.mod.go.jp/j/approach/kokusai_heiwa/s_sudan_pko/pdf/gaiyou.pdf

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー