バストが垂れる?原因は姿勢とクーパー靭帯!対策は?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

あなたのバストもしかして垂れてませんか?

きづけば垂れ下がりぶら下がり、

バストが下がってくる原因はどこにあるのでしょうか。
バストが垂れてしまう原因は、あなたの姿勢が関係しているかも

猫背だったり、うつ伏せで寝ることありませんか?

バスとが垂れる原因は姿勢とバストを支えるクーパー靭帯が

伸びきってしまうからです。

原因がわかっているならば、対策をとるだけです。

 

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

もしかしたら原因はこれかも・・・

普段の生活で、あなたが何気なくしていることが

バストの垂れ下がりの原因かもしれません。

 

普段のあなたはこんなことをしていたりしてませんか?

 

バストがそれほど大きくないので、長時間ノーブラですごしたりとか。
どうせ変わってないからといって、同じブラジャーを使いまわしていたりしませんか
何気なくやっていることが実は原因かもしれません。

原因とあげれられる以下のことにあてはまったらなら要注意ですよ。

 

  • 猫背で姿勢が悪い
  • 1年はブラジャーを買い換えていない
  • バストのサイズをしばらく測っていない
  • うつぶせで寝ることが多い
  • パットつきの下着でブラジャーを着けていない

 

では、なぜこの原因でバストが垂れるのでしょうか。

 

 

バストの垂れる理由はどこから?

まず、バストは大胸筋の上に乗っている脂肪の塊です。
バストは乳腺と脂肪、それを支えるクーパー靭帯からできています。
あなたも一度は聞いたことがると思います。
このクーパー靭帯は、主成分がコラーゲンです。

一度伸びたり、切れたりすると

元の状態に復元することは難しいといわれています。

バストが垂れる原因としてあげたものは、

クーパー靭帯を伸ばす恐れがあるものをあげました。

 

バストを垂れさせないためにすべきなのは、

クーパー靭帯を伸ばさずにキープできるかにかかっています。

 

 

 

 

クーパー靭帯を伸ばさないための対策?

原因はわかったので、さっそくバストを垂れさせない対策法についてですね。
対策は、原因の反対のことをすればいいのです。

しっかりとフィットするブラジャーを見つけましょう。
そして、寝るときや運動しているときなど同じブラジャーを使ってませんか?
目的によって、ブラジャーを使い分けないとどんどんクーパー靭帯は伸びてしまいます。

とくに、寝るときにはナイトブラをつけましょう。

 

横を向いて寝ているときも、

重力でどんどんクーパー靭帯が伸びてしまいます。

うつ伏せで寝ると、胸がつぶれてバストの形が

崩れてしまうので仰向けで寝るようにしましょう。

 

姿勢の悪さも、バストの垂れに大きな影響を与えますし、見た目も美しくありません。
姿勢が悪いとサイズの合ったブラでも、隙間が出来てしまいます。

鏡と向き合って自分の姿勢が綺麗かどうか見てみましょう。
肩が前のめりになってたり、アゴが前に出すぎていたりしていませんか?
正しい姿勢を意識すると、バストの位置も上がり、

デコルテや顔周りもスッキリとし、健康的に見えますよ。

 

クーパー靭帯が伸びきってしまうと、バストが垂れてしまいます。

バストを垂れさせないように、普段のちょっとしたことに気を使いましょう。

 

ポイント妖精の解答ポイント

猫背の人ってとっても多いと思います。

そして、スマホの普及とともに、歩きスマホで

ほぼ猫背で歩いている人がたくさん!

私も猫背なので、バストが垂れないように

綺麗な姿勢を維持するようにがんばります!

人は出会って3秒で印象が決まってしまうので

普段からの姿勢や、身だしなみには注意が必要ですね

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー