白菜をおいしくするゆで時間や茹で方はこれ!蒸し方や大量消費

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

白菜をおいしく食べるための、ゆで時間やおいしさを引き出すゆで時間についてまとめました。

寒さが厳しくなってきたので、お鍋の具材として白菜が大活躍しますよね。

せっかくの白菜をおいしくたべれるように、ゆで時間と茹で方を詳しく知っていきましょう

おいしくたべるための、蒸し方や白菜の大量消費の疑問に答えます!

 

 

白菜をおいしく食べたい!

白菜がおいしくなってくる時期ですね。今年の白菜はちょっとお値段が高いですが、おいしくなってます。

 

 

鍋の具材にしたり、温野菜としてそのまま食べたり、ミルフィーユ鍋にしたりと楽しめます。

 

 

 

 

 

白菜のゆで時間や茹で方

白菜を鍋で食べたり、蒸したりするときどれぐらいで白菜に日が通るかわからなくて困りますよね。

白菜は芯が太くて葉っぱの部分が少ない野菜なので、芯の部分には火が通りにくいです。

そのため、ゆでるときは食べやすい大きさにカットした後、芯の部分だけを先に湯がきます。

茹でる時間は芯の部分を30秒早めに入れて、から葉っぱをいれてトータル1分ぐらいで綺麗にゆでることができます。

湯がく方法は沸いている熱湯に芯の部分から先に入れて湯がきます。

 

蒸し時間や大量消費

温野菜をする場合の白菜の蒸し時間は大体5分程度です。

茹でると違って蒸すのには時間がかかります、水蒸気で全体を包みながら火を通すので時間がかかります。

蒸す場合は葉っぱも芯も時間は一緒です。大量消費をしたい場合はボウルに入れてレンジでチンするのも簡単です。

レンジで蒸したり、火をとおす場合は大体3~5分で様子を見ながら行ってください。

 

鍋に入れる順番は?

鍋に具材を入れるときどんな順番で入れたらいいのか、困ることってありますよね。

具材を入れる順番として、カレーライスならば玉ねぎを炒めてから牛肉を一緒に炒めてから根菜類をいれますよね

鍋料理をするとき、白菜はどのタイミングで入れるのかというのが分からなくなりますよね。

葉っぱものの白菜は、芯に近い部分は火がとおるまで時間がかかるので、最初に入れます。

火が通ってきたら緑色の葉っぱの部分を入れると、程よく加熱がおいしくなります。

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー