トマトの保存方法や期間は?旬や栄養分に選び方のコツ

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

トマトの保存方法と保存期間について書いています。

年中トマトはスーパーにありますが、旬の時期や選び方

トマトに含まれる栄養分についてもまとめてみました!

→「トマトのまとめ」はこちら 

→『食品』関連の記事一覧

 

 

トマトの保存方法と保存期間は?

トマトは常温では、7日ほど保存がききます。

それ以上の保存を望むなら、保存方法は2通りあります。

それ以上の保存をしたければ、水洗いをしたあとに行います。

 

  1. 水分をふき取り、ラップをかぶせたあと冷蔵庫にいれます
  2. 水分をふき取り、ラップをかぶせ冷凍庫に入れる。

 

ラップに包んで冷蔵保存だと常温保存よりも長持ちです

冷凍庫に入れる場合は、トマトソースや煮込み料理にしましょう。

 

トマト2

 

 

トマト旬の季節と選び方

トマトは年中スーパーで売っているので、いつが旬なのかわからないですよね。

実はトマトの旬は夏です。

トマトは夏に食べるのが旬の夏野菜です。

ビニールハウス栽培が発達したので、年中トマトが食べれるようになってます。

おいしいトマトの選び方のコツについてです。

トマトは、真っ赤に熟しているものほど栄養価が高く、おいしいです。

全体が均一な赤色で皮にハリがあり、ずっしりと重いものを選びましょう。

形においしさは左右されないので、綺麗な赤色のものを

選ぶのがおいしいトマトの選び方のコツです

 

トマトバジル

 

 

トマトの栄養分は、豊富!

トマトといえば、リコピンという栄養分のことを

知っている人は多いでしょう。

リコピンだけをつかった、ダイエットサプリもあります。

トマトに含まれている栄養分は他にもあります。

 

リコピン、リンゴ酸・クエン酸、ルセチン、食物繊維、

カリウム、カリウム、グルタミン酸などが含まれています。

 

これらの栄養分があるため、トマトには

強力な抗酸化作用をもち肌老化を予防する働きがあること

生活習慣病の予防やダイエットにも効果がある!

血管を丈夫にする働きがあるため、健康に良いと注目されています。

女性の間では美容アイテムとして人気になっていたりしますね。

『トマトの日焼け効果!美白したければ、リコピンを取るべし』

『トマトのまとめ ~情熱のトマト祭り~』 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー