ホテルの枕が2つ?理由は寝れない時の高さ調節!高すぎず低すぎず

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab

ホテルに行くとベットの上に枕が2つあることがないだろうか?

シングルベットの部屋でも、ダブルの部屋でも枕が複数あるのには理由があります。

枕が変わると眠れない人のために用意された、ホテル側のおもてなしの一つだったのです。

高すぎたり低すぎたりした時

ホテルの枕が2つある理由を詳しく知っていきましょう。

 

 

ホテルのシングルベッドに枕がふたつある理由は?

出張や旅行でホテルに宿泊することがりますよね。

シングルでもダブルの部屋でも、ベットに枕が2個もしくは複数あります。

なぜ、複数の枕がベットの上にあるのでしょうか?

二つ置いてあるのには、ホテルに宿泊するお客様のことを

考えて置いてあったのです。

枕が変わると眠れない人ために調整ができるようにおいてあるにです。

また高すぎたり、低すぎたりする時の調整もできるようになっています。。

 

枕が低すぎると感じる人はふたつを重ねればいいし、

ふたつ重ねでは枕が高いという人はひとつで寝ればいい。

ふたつの枕を使いこなして高さを調節すればいいわけ、

調整ができるようにというのが、二つある理由です。

 

一方、和風の旅館では、相当高級な旅館に泊まっても枕はひとつしか出て来ません。

これは和風旅館が不親切だというより、枕の形の問題です。

日本の枕は硬く形のしっかりしたものです。

一方ホテルに置いてある枕は、羽毛の入ったやわらかいものがほとんどです

和風旅館の枕では、ふたつ重ねて寝ると首を寝違えてしまいます。

そのため旅館では枕は一つです。

 

 

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー