日焼けのアフターケアは大丈夫?日焼けを美白にすべきこと

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

日焼け止めを塗っていても、日焼けをしてしまいます。
あなたにもそんな経験はありませんか?
日焼けは美白の敵です、日焼け後のアフターケアで徹底的に対策を取って
美白を目指しましょう。
そのために必要なことをあなたは知りたくないですか?

→「日焼けのまとめ」はこちら

→『美容』関連の記事一覧

 

 

どんな日焼けケアをしています?

しっかり日焼け止めを塗っていたはずなのに、日焼けしてしまう。
そんなことってありますよね、日焼けを軽減するためなので

焼けてしまうのは仕方のないことです。

日焼けしてしまったからあとのアフターケアが肝心です。
日焼けのアフターケアをあなたはどうやってしていますか?
まさか、いつもどおりの手入れで済ましていたりしていませんか?
日焼けは焼けた後からが肝心です。
ただしいアフターケアについて知りたくはありませんか?

 

ビーチ

 

 

焼けてしまってからが勝負!かかれアフターケア

日焼けケアは焼けてしまってからが勝負どころです、アフターケアについて詳しく知りましょう。
まず日焼けは、やけどの一種と変わりありません。

日焼けケアの一番大切なのところは、焼けたところをしっかりと冷やすことです。

なので熱を帯びてヒリヒリした日焼けには冷たい水を含ませたタオルなどをあてがいます。

日焼けの炎症を少しでも抑えることが必要になります。

やけどと同じ状況で、普段使いの化粧品は刺激がつよくてトラブルの原因になりかねません。

日焼けをしていると、肌は乾燥している情況なので

しっかりと熱を冷ましたらワセリンを塗って肌の水分を飛ばさないように対策をしましょう。

また、水分を与える目的で、精錬水やアベンヌウォーターなどの添加物の少ない化粧水で水分を補給してあげましょう。

日焼けの情況が既読、水ぶくれができているような場合は、皮膚科に行き肌にあった薬を処方してもらうのが一番良いです。

外側からのアフターケアはこれで安心です。

 

 

内側からもアフターケアは必要

日焼けのアフターケアは内側からも必要です。
大体3週間もあれば、ターンオーバーとともに日焼けはなくなります。
ターンオーバーというのは、肌の再生サイクルのことで大体3週間ほどで入れ替わりが完了します。

このターンオーバーを助けるビタミンCや、ビタミンEカロチンを含む食品を積極的にとるようにしましょう。

ビタミンCを取るならば、レモンやオレンジ、トマト、パプリカ、アセロラが効率よいです。

ビタミンEならば、アボガド、ナッツ、えごまです。

 

 

日焼けを対策するには、日焼けをしるべし

日焼けという現象は、人間が日傘をさして日差しをよけることに似ています。

太陽光には、紫外線という光が存在していてこの紫外線をメラニンという物質を作って防御しています。

このメラニンが美白の敵といわれていて、市販されている美白美容液には

メラニンの活動を抑えたりする効果を持って美白をしています。

メラニンが作られすぎると、肌の色がくすみシミそばかすの原因になります。

日焼けをすると、肌の水分が飛んでしまっているのでシワの元にもなってしまいます。

しっかりとアフターケアをすることで、これらの原因は一掃することができます。

『日焼けのまとめ ~美白の道も一歩から~』

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月23日

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー