パンプスがキツイ!足のむくみの原因と対策は?

ハウツー
スポンサーリンク

 

 

あなたは夕方になると、靴がきつくなったりしませんか?
その原因は、足に水分が残っている、むくんでいるといわれる状態です。
むくんでいると足がだるくて、歩きにくく感じますよね。
一気に疲れにが押し寄せてくる用に思います。
さてこの足のむくみを解決する方法はないのでしょうか?

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

ブーツが食い込む!むくみの原因はこれ!

朝は感じなかったのに、夕方になると足が重たいと思ったことや
パンプスやヒールがキツイと思ったことはありますか?
なんでむくむのか、原因や理由をあなたは知っていますか?
このむくみには、人間の体の構造が大きくかかわっています。
むくみのその原因は、水分です。
血液の流れがわるくなり、水分が下半身にたまり気味になるのがむくみの原因です。

下半身から心臓に戻るとき重力に逆らって戻ってくることになります。
足は第二の心臓とよばれて、血液を押し返しています。
血の巡りが悪くなると、水分が取り残されてしますので、むくみになるというわけです。

 

 

むくみの原因は4つ!

次のような原因が考えられます。
(1)長時間にわたって同じ姿勢でいる
(2)筋力の低下
(3)冷え性
(4)塩分過多

同じ姿勢でいることと冷え性では、血の巡りが悪くなります。
筋力が衰えると、押し返すポンプの役割が弱くなります。
塩分には水分を抱え込む性質があり、体内に過剰な量を取り込むと余分な水分をうまく排出できなくなります。

 

 

足が重い!何とかして対策と解決

足のむくみを取るためには、一番は筋肉の力を戻してやることです。
筋力をもどすことで、ポンプを正常に働かせることができます。
しかし、すぐに筋肉をつけることはできないので簡単に戻すには
血の巡りをよくすることが大切です。
リンパの流れに沿ってふくらはぎマッサージする
もしくは、ストレッチをして筋肉を動かしてやる方法が簡単な解決法です。

 

 

 

コメント