カシミヤより高級!幻の繊維ビクーニャについて

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

カシミヤ

 

カシミヤよりも高級な、幻の繊維と呼ばれる

ビクーニャという動物について取り上げています。
己の体をあめとむちで鍛えてこそ、防寒対策ができません。
一番暖かさを保てるものといえば、毛糸できた製品でしょう。
セーターやマフラーは、冬の贈り物の代表格でしょう。
動物に由来するものを身につければ暖かさが手にできる!
値段が高ければ高いほど、ぬくもりは手にできるのでしょうか?

カシミヤより高級な幻の繊維ビクーニャについて書いてきます。

→『動物』関連の記事一覧

 

 

 

幻の繊維?ビクーニャ?
ビクーニャーさん~出番ですよ

 

ビク

 

おっと間違えました、この人はビク違いですね。

 

ぱか

 

あっアルパカと間違えてしましました。

 

 

どこいってたんですか探したんですよ!

お待たせしました。

 

びく

 

 

ビクーニャさんです。
アルパカと間違われやすいです。だって見てくださいこの顔

 

びぐ ぱか

     ビクーニャ                   アルパカ

 

アルパカとどこが違うのって言われても、見慣れてなかったらわからないですよね!

 

もふもふでとってもあったかそうな毛皮してます。

 

このモフモフな毛が温かさのすごさなんですよ、

 

とっても繊維が細かくて軽い!

 

そしてビクーニャという生き物自体が頭数が少なくてレアなんですって。

繊維が細かいので、毛をよって糸にして利用するそうです。

 

おなじ高級繊維のカシミアよりも軽くて、さわり心地が良いので幻なんですって

アマゾンで価格をしらべたところ、こんな感じでした

 

ぐ

 

目玉が飛び出るくらいの高級品です。

あったかいのでしょうか・・・

 

 

カシミヤよりも高級なビクーニャですが、入手のルートもかなり制限されています。

原産国のペルーではビクーニャを保護するために制限しているようです。

カシミヤよりも良質な繊維になり、肉としても需要があったので、

乱獲に合ってしまい、生存数は減っていました。

制限をかけたことで現地住民の生活も保障され

ビクーニャの頭数も増やすことができたようです。

頭数も回復しましたが、カシミヤよりも高級なのは代わらずです。

現在ビクーニャはイタリアの会社だけに専売しているようです。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー