懸賞クイズで間違える人はいるのか?クイズはなぜ超簡単?その理由は?

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

 

懸賞クイズといえば、質問に答えて正解であれば抽選で賞品がもらえるというものです。

だいたいクイズの前にほとんど答えが書いてあったり、ものすごく簡単なものもあります。

超簡単な懸賞クイズをする理由や、懸賞クイズで間違える人はいるのかなど

このページではまとめていきたいと思います。

 

 

 

超簡単懸賞クイズ!

懸賞といえば、答えを書いたはがきを送ると抽選で賞品がもらえるものです。

新聞や雑誌の広告でよく目にするでしょう。

懸賞と言わずにプレゼントキャンペーンといわれ、

たくさんのはがきを書いて応募したことがあなたにも一度はあるでしょう。

プレゼントキャンペーンやクイズに答える懸賞は。

プロモーションの一環として商品の販売促進によく利用されています。

 

万歳

 

 

懸賞はなぜ超簡単なのか理由は「覚えて」もらうため

新聞や雑誌の広告でよく目にするでしょう。

少し考えてみましょう新聞や雑誌に書かれているクイズ懸賞は超簡単なものがほとんど

そして大体は、簡単な懸賞クイズでは、伏字になった商品名や会社名をそのまま入れるのが通例です。

なかには、難しいクロスワードパズルやナンバープレイスを

答えて懸賞金の一万円が当たるものもありますが、今回は省きます。

 

簡単で答えはほとんど書かれていてわかりきっているのに、わざわざ答えさす理由はなんなのでしょうか?

懸賞とは商品のプロモーションの手法でつかわれてます。

プロモーションというのは、商品を知ってもらい買ってみたいと思わせるための活動です。

新聞や雑誌に広告をだすことで認知してもらい、この商品を買ってみたいと思わせます。

そこに簡単なクイズ懸賞を行うことで、どれぐらいの人が買ってみたいと思ったのかを図ることができます。

また懸賞の賞品として製品を渡すことで印象に残り、買い物をするときに手に取ってもらうことができます。

どれぐらいの人が買いたいと思っているのかという数字で、スーパーの店頭に置いてもらえるかもきまります。

スーパー側からすると、買いたいと思う人が多い商品を置くと利益になるのですから

 

 

 

超簡単な懸賞クイズをする理由をまとめ

懸賞をすることで、商品名を覚えてもらう

賞品を渡すことで記憶に賞品を焼き付け、

店頭に並んでいる商品を買ってもらう。

 

つまりクイズ懸賞はスーパーに並んだ商品を買ってもうためにおこなっています。

商品名を知らなくてはスーパーに並んでいる数多くの商品の中から探してもらえないですし、

買いたいと思う人がいなければスーパーに並ぶこともないのです。

つまり広告は覚えてもらうためのものです。

 

 

超簡単な懸賞クイズ、間違う人はどれくらい?

新聞広告欄などに出ている懸賞クイズには、ごくごく簡単なものが多いですよね。

「○○○コーヒー」や「○○○○牛乳」など、商品名や会社名をそのまま入れるのがほとんどでしょう。

 

当選

 

 

答えは書いてあるのに間違える人はいないだろうと思うかもしれませんが

昔から一定数の不正解の人がいるそうです。

一定数の不正解では、3つのパターンにわけられるようです。

  • わざと間違える
  • 真剣に答えたけど間違えた
  • 書き間違い

 

 

クイズ懸賞をするとまずいるのが、わざと間違えるタイプ。

たとえば、「トヨタ」とすべきところを「ホンダ」と書いてくる人のことです。

”狙っている”のかふざけているのか、一定の割合でそういう解答があるという。

 

次にあるのが真剣に答えたけれども間違えたのではないかと思えるもの。

この回答もごくわずかだがあるという。

「プロセス」を「プロスト」としたり、「チーズ」を「バター」とするようなケースである。

 

もっとも、一番多い間違いは、たんなる書き間違い。

「プロセス」を「プロレス」と書くなど、一字だけ間違っているパターンである。

圧倒的に多いのは、いわゆるケアレスミスなんだそうです。

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

クイズ懸賞ってなんであるんだと思って、調べると驚きの真実が発覚。

たしかに、広告を見て商品名を認知して

はがきに商品名を書かせて、さらに覚えこます。

そして商品を渡すことで、記憶に残してさらにいい商品だと思わせるだなんって

先人たちはものすごい考えているのだと思いました。

この原理をしっかりわかって仕事で使っている人って少ないのでは?

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2003年1月
  1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー