アベノミクスのウーマノミクスとは?意味や課題、欠点まとめ

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

 

アベノミクスのウーマノミクスとはいったいなんなのでしょう。

安倍政権が行う政治政策のアベノミクス、

その中にウーマノミクス称されると呼ばれる政策があります。

女性の人材活用や雇用問題を解決し女性の社会進出を促していく政策です。

ウーマノミクスの意味や課題、欠点をまとめてみました。

あなたもこれで、ウーマノミクス博士ですよ!

 

 

アベノミクスのなかのウーマノミクス!

アベノミクスは安倍(アベ)首相がおこなう経済「エコノミクス(economics)」

これらを足し合わせて新たに作られた造語がアベノミクスです。

2012年に安倍さんが総理大臣に就任してからつづいている政策です。

金融緩和、箱物仕事の創出、規制緩和を軸にした円安によるデフレ脱却が目的でした。

2014年にはアベノミクスの成長戦略を見直し、

新しい三本の矢と新たにつくられた第四の矢を組み込んだアベノミクスが始まっています。

ウーマノミクスとはこの、見直しされたアベノミクスに組み込まれている政策の一つです。

ウーマン、女性の社会進出を促し、人手不足の解消と

女性が社会に出て働けるような社会を作ることが目的になっています。

 

 

 

 

ウーマノミクスとは?意味はなに?

ウーマノミクスとは、人材の活躍を強化することを目的とした政策の一つです。

育児や家事に追われていた女性の社会進出を促していくために、

安倍政権がこれから行っていくことを打ち出しています。

 

 

アベノミクスが成功したため、いまや企業は圧倒的な人材不足でこまっています。

その人材不足の部分を女性が活躍することでもっと日本の経済はよくなります。

そのために、安倍政権ではこんなことをしていますよといった感じです。

ウーマノミクスとは、

女性の社会進出のために安倍政権が行う政策のことですね。

ウーマノミクスを加速させるためにも、

保育所の待機児童問題や、子育てをしていても正社員として

働きやすい環境を作っていく努力をしていただきたいですね。

 

 

ウーマノミクスで掲げていること

ウーマノミクスとして、政府はどんな活動をしているのでしょうか。

政府は女性の管理職登用数を増やすことを目的としています。

 

 

国や地方団体、民間事業主にたいして女性管理職登用数の割合の

目標数値を設定しもらうことや、女性の管理職を増す行動計画の作成を義務付けています。

また、企業の有価証券株式表という会社の成績表に女性管理職の人数比率を

提示することを義務付けてもいます。

女性の登用をするにあたって助成金をだしたり

お母さんである女性が働きやすくなるように待機児童問題を解消したり

小学生向けの教育なども充実させていくという対策が打たれています。

 

ウーマノミクスの問題点

ウーマノミクスには問題点があります。

このウーマノミクスという言葉自体が知られていないことです。

この言葉が生まれたのは2015年ですが、知ったのは昨日だったりします。

女性が社会に出て働くことは、簡単ではありません。

 

 

とくに子育てをしていると、正社員ではなかなか登用は難しいです。

子供を預けないと仕事ができない状況なのに、保育園に空きはありません。

保育園に通わせるのも審査があり、仕事がないと審査には通りません。

仕事をするのに保育園が必要なのに、保育園に入るには仕事先を見つけなくてはいけないという状況です。

親に預けるのも手ですが、ほとんどが核家族化している現代なので

親は飛行機の距離の県外だたり、親も仕事をしていて預けれないなんてこともあります。

では保育園で働けば、預けた親は仕事ができるし、保育園で働く先生に需要が出て

さらに女性の社会進出が進むと思いますよね。

しかしふたを開ければ保育園で働くのは低賃金で重労働。

 

 

 

ウーマノミクスに課せられた課題

ウーマノミクスにはさまざまな課題が残っています。

女性の社会進出には、保育園に子供を預ける必要性や

出産や育児に対する会社と上司の理解が必要です。

制度や政策だけでなく、社会全体が女性の仕事についての理解を深める必要もあります。

ウーマノミクスを成功させるには、一筋縄ではいかないようです。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー