ゼラチンで失敗した!どうアレンジするの?ゼラチンの特徴

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

 

ゼラチンといえば、冷ましてゼリーなんかを作りますよね!

ゼラチンを使ったゼリー作りで失敗したことはありませんか?

失敗したときあなたはどんなアレンジをしたらいいのか

こまったことあるとおもいます。

ゼラチンの特徴を理解して、失敗しないためと

失敗した問いのアレンジについて知っていきましょう!

 

 

 

 

 

ゼラチンで失敗?

夏にお菓子を作るとなると、ひんやりと涼しげなイメージがある

ゼリーを作って食べることでしょう。

買ってきたゼリーでもいいですが、やはり手作りのゼリーもいいですよね。

ジュースにゼラチンを溶かしてさませばすぐにできてしまいます。

簡単にできるからこそですが、うっかりとした失敗もつきものです。

 

ゼラチン

 

ゼラチンは牛のアキレス腱が原材料の動物性で油性です。

そのため、火にかけすぎるとあぶら臭くなることがあります。

調子に乗って煮詰めすぎると、油くさくなってしまったりします。

 

 

 

ゼラチンの特徴

ゼラチンの特徴を説明しましょう。

 

ゼラチンをゼリーにするには、温めてから冷ますことで固まります。

このかたまる性質を簡単に図で説明します。

 

image

ゼラチン分子は普段は整列しています。

この整列している状態が固まっている状態です。

ここに熱を加えると整列がほどけます。

そして冷ますと元通りになります。

こんな性質がゼラチンにはあります。

 

 

 

ゼラチンをつかって失敗した!アレンジ例は?

ゼラチンをつかってしっぱいするといえば、かたさ調整ではないでしょうか?

硬すぎたり柔らかすぎたりしたときどうすればいいのでしょうか?

アレンジの仕方というよりは、ゼラチンの特徴は温めればどろどろにとけるので

失敗をしたと感じたら、粉を足したり、水分を足したりと調整をすることができます。

 

 

 

ゼライス

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

ゼラチンゼリーで大失敗したことがあります。

ゼラチンをひとはこ全部投入してしまったのが、ことの発端です。

はこのうらに説明書あったのに、なんでついかしたんやあんときの自分。。。

いまだに語られるこの事件、

ゼラチンを入れすぎて、カッチカッチ

スプーンでほじれない、スプーンを落とすと跳ね返る。

ボヨーンっておとを立てながら、カラーンとスプーンが落ちます。

兄弟は笑いの渦につつまれます。

そのゼリーはどうなったかというと、大地に帰りました。

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー